\ 最大8%ポイントアップ! /

【レビュー】Aputure(アプチャー)のLEDビデオライトAmaran60dSを使った感想!コンパクトだけど本格的な撮影用照明!

この記事では、LEDビデオライトの有名メーカーであるAputureのAmaran 60dSを実際に使ってみた感想を紹介しています。

悩む人

・AputureのLEDビデオライトが気になる。。
・Amaran60dSの使い勝手はどう?
・見慣れないメーカーだから買うのが不安。。

…こんな悩みを解決できる記事になっています。

実際に使ってみた感想をまとめてみるとこんな感じ。
コンパクトなくせに本格的なLEDビデオライトで、バッテリー対応でコードレスで使えるので、持ち運びもしやすいしかなり使いやすいオススメのLEDビデオライトでしたよ^^

amaran60dSはこんな人におすすめ!
  • コンパクトだけど本格的なLEDビデオライトが欲しい人!
  • バッテリーが使えるLEDビデオライトが欲しい人!
  • 持ち運びしやすいLEDビデオライトが欲しい人!

\Amaran60dSを実際に使った感想!/

・コンパクトで持ち運びしやすい!
・バッテリー対応でコードレスが便利すぎ!
・発光量しっかりで本格的!
・ボーエンスマウント対応で拡張性よし!
・ファンの音が静か

・発光量は控えめ
・色温度調整など照明効果はない
・対応アプリはあるけど。。

\今回紹介するのはこちら!/

この記事を書いた人
  • カメラ歴11年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

AputureのAmaran 60dSのスペック

まずは、基本的なスペックを紹介していきます。

\Aputure Amaran60dSのスペック!/

メーカーAputure
参考価格26400円
発光出力65W
色温度5600Kのみ
光量45100lux@1m
重量695g
液晶ディスプレイ
バッテリー給電

発光出力は65Wで、一般的なLEDビデオライトの中では入門クラスレベルで控えめですが、695gとかなり軽いのが大きな特長です!

また、バッテリー給電にも対応しており、コードレスで使用できるのも大きな特長ですよ^^

まーとん

Aputureは聞き慣れないかもですが、動画撮影業界では有名メーカーでシェアも高くプロも愛用しています^^

AputureのAmaran 60dSを実際に使ってみた!

それでは、Aputure(アプチャー)のLEDビデオライトAmaran 60dS実際に使っていた感想を紹介していきます。

開封の様子

まずは梱包の様子から紹介してきます。
外箱は、珍しい発泡スチロール製です。

外箱の様子

外の巻紙を取ってあげるとこんな感じ。

外箱は珍しい発泡スチロール製!

側面には取っ手とロック機構が備わっていて、なんとこのままキャリーケースとして使用することができます。

外箱の側面にはロックと持ち手つき!

こんな感じで持ち運び性はとっても良好です。
発泡スチロール製といえど、ポロポロと簡単に崩れ落ちたりキズついたりするようなただの緩衝材ではなく、比較的頑丈な作りとなっています。

持ち運び性は良好

外箱を開けるとこんな感じ。
発泡スチロールがそのまま緩衝材の役割をしてくれるため、すべての部品が持ち運びしやすいようになっていて、作りもしっかりこだわっています。

付属品一覧

続いては付属品の一覧です。

AC電源コードの他にバッテリー対応のアダプターも付属しています。
また、スタンド取り付け用のアダプターも付属しており、かなり親切です。

付属品一覧

LEDビデオライト本体の様子

続いてはLEDビデオライト本体の様子を紹介してきます。

コンパクトで軽いビデオライト本体!

このAmaran 60dSの大きな特長は、とにかくコンパクトなライト本体です!

妻に片手で持ってもらったサイズ感がこちら!
女性でも片手で軽々と持つことができ、片手で簡単に持つことができます。とってもコンパクトですよね^^
重量も695gとLEDビデオライトとしてはトップクラスの軽さです。

片手で持てるコンパクトサイズ、695g!

付属のリフレクターを付けたとしても大きさはこんな感じ。余裕で片手で持ててしまいます。

リフレクターを付けても片手で楽に持てる

以前にレビューしたほとんど同じ発光出力のGODOXのLEDビデオライトSL60Wとの大きさの比較がこちら。
ちょっと撮影条件が異なりますが、同じモデルに持ってAputureのAmaran 60dSがかなりコンパクトであることがわかりますね。

\一般的なLEDビデオライトとの比較!/

Aputure Amaran60dS
大きさ
GODOX SL60W

上下左右からの写真がこちら。

左側面
右側面
前面
後ろ面
上面
下面

バッテリー給電対応でコードレス使用が可能!

Amaran 60dSの大きな特長が、バッテリー給電に対応していること!
もちろんAC電源コードも付属していますが、バッテリーを使えばなんとコードレスで使用することができます!!これが便利^^

バッテリー給電可能でコードレス使用可能!

バッテリーは別売りで別途購入が必要ですが、コードレスで使えるのはかなりストレスフリーになります。

しかも、バッテリーアダプターはライト本体の側面に取り付けが可能で、よく考えられています。

バッテリーアダプターは本体側面に取り付け可能!

バッテリーを付けてもかなりコンパクトに取り扱えます!

バッテリーを付けてもコンパクト!

ちなみに、私は安価なこちらの互換バッテリーを使っていますが、普通に使えて便利です^^

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る

AC電源やバッテリーのコードの取り付けは、差し込んでからネジを締めるタイプで、簡単に抜けることもなくよく考えられています。

コードの取り付けは差し込み&ネジタイプで勝手に抜けにくい

液晶画面採用でシンプルな操作性!

操作は極めてシンプルで、電源ON/OFFのスイッチと光量を調整するつまみのみ!余分な機能はありません。

背面のツマミで出力調整可能

出力は0~100%で1%単位で調整が可能!最大出力は大きくないですが、細やかな調整が可能です。

出力は1%単位で調整可能!

ボーエンスマウント対応で拡張性はよし!

本ライトはボーエンスマントに対応しているため、同じ規格のソフトボックスなどを取り付けることが可能です!
ボーエンスマント対応のアクセサリーは種類が様々なので拡張性はかなりよいです^^

ボーエンスマウント対応で拡張性は良好!

持ち運びに発光部を守ってくれるケースも付属しているので助かります。

発光部を守ってくれるプラスチック製ケースつき!

アンブレラが付けられる機能性のよいアダプター!

LEDビデオライトとスタンドを取り付けるためのアダプターが付属しており、これも使いやすいです。

まずは、アンブレラを取り付けられる穴がついています。

アンブレラの取付穴あり!

別売りのアダプターを買わなくても、アンブレラを使った撮影ができます^^

NEEWER
¥3,099 (2024/04/14 10:48時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る
まーとん

アンブレラは安価なくせにしっかり光を柔らかくしてくれるのでオススメです^^

アンブレラと付属のフードで光の柔らかさを簡単に調整することができますよ^^

フードなし かなり柔らかい光に
フードあり 少し硬めの光に

AC電源コンセントに注意!

AC電源コンセントは「3ピンタイプ」なので、一般的な家庭用コンセントで使用したい場合は注意が必要です!
別途アダプターを購入しましょう!

3ピンタイプのコンセントに注意!
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る

一方で、電源コードはかなり長いので、コンセントが遠くに合っても十分余裕があります。屋外でも使えそうですね^^

十分長い電源コード!屋外でも使いやすい!

AputureのAmaran 60dSはこんな人におすすめ!

AputureのAmaran60dSを実際に使ってみて、このLEDビデオライトはこんな人にオススメです!

amaran60dSはこんな人におすすめ!
  • コンパクトだけど本格的なLEDビデオライトが欲しい人!
  • バッテリーが使えるLEDビデオライトが欲しい人!
  • 持ち運びしやすいLEDビデオライトが欲しい人!

コンパクトだけど本格的なLEDビデオライトが欲しい人!

同じ価格帯で同じ発光量のビデオライトと比較して、かなりコンパクトなのがAmaran 60dSの大きなメリットです!

一般的なLEDビデオライトととの比較を紹介しましたが、コンパクトで軽いのでライトを使って撮影するハードルが下がります。
なにかのたびに、「あっ、ライト使って撮影しよっ!」って気にさせてくれます。

\一般的なLEDビデオライトとの比較!/

Aputure Amaran60dS
大きさ
GODOX SL60W

バッテリーが使えるLEDビデオライトが欲しい人!

コードレスで使えるのもこのライトの大きなメリットと言えます。

いちいちコードを出してコンセントをつないで、、という手間がなくなるので、これまたライトを使って撮影するハードルが下がります。

電源コードレスは便利!

しっかりバッテリーソケットを本体の横に付けられるのもポイントが高く、よく考えられているなぁーと関心させられます。

本体横にバッテリーが付けられて便利!

持ち運びしやすいLEDビデオライトが欲しい人!

外箱が専用ケースになっているので、持ち運びがしやすいのでよいです。

そのままケースを持ち運べるのは便利!

付属の部品はすべてケースの中にしまうことができるので、カバンの中のようにごちゃごちゃになることもありません。

整理もしやすい専用ケース!

その他のAputure製品はこちらの記事にまとめています!ご参考にどうぞ^^

そもそもAputure(アプチャー)とは?

出典:Aputure公式HP(https://www.aputure.com/)

Aputureは、2008年に創業された中国深セン市に本社をもつ中華系メーカーです。

深圳市爱图仕影像器材有限公司

Aputure Imaging Industries Co. Ltd

广东省深圳市龙华区大浪街道和平路龙军工业区21

Aputure公式HP(https://www.aputure.com/)

主な製品は、LEDライトやLEDパネル、ライトドームなどの撮影用ライトです。

Aputureの由来は、英語用語で絞りを表す”aperture”と、将来を表す”future”をあわせた造語だそうですよー。

日本向けの公式サイトは存在していないので不安に思うかもしれませんが、動画撮影業界ではかなりの有名メーカーでシェアも高いのが特長です。

GODOX(ゴドックス)との違いは?

出典:GODOX公式HP

撮影用ライトを手掛ける有名な中華系メーカーといえばGODOXがありますよね。

AputureとGODOXの違いですが、Aputureは映像分野でより認知度が高く、GODOXは写真分野に強い印象です。

特にどちらが映像/写真に力を入れているというわけでなく、もちろんどちらでも使えますが、
傾向として、個人の映像クリエイターではGODOXが多く、プロのクリエイターはAputureの使用が多い傾向です。

日本ではGODOXのほうが圧倒的に認知度は高く、Aputureは海外勢が多いイメージです。
日本のYoutubeやWEB上でレビューを多く見つけられるのはGODOXですね。

同じスペックならGODOXのほうがやや割安な価格で手に入れることができます。

GODOXのライトについては、以下の記事で詳しくまとめています。

まーとん

こだわりがなければ、個人的には価格が安いGODOXのほうがおすすめです!

定常光ライトの売れ筋ランキングはこちら!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングをまとめておきます!
ぜひご参考にどうぞ!

これまでに各メーカーのクリップオンストロボ一覧をまとめています。

\これまでにまとめたストロボメーカー!/

各メーカー別ストロボ一覧

SONY用CANON用Nikon用
OLYMPUS用PENTAX用富士フイルム用
GODOXNEEWERNissin
Yongnuo

これまでに以下の製品についてレビュー記事を執筆しています。ご参考にどうぞ!

\これまでに執筆したレビュー記事!/

レビューした撮影用照明関連製品

HVL-F60RM2
ストロボ
(SONY)
V1
ストロボ
(GODOX)
V860Ⅲ
ストロボ
(GODOX)
TT685Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
TT350
ストロボ
(GODOX)
TT600
ストロボ
(GODOX)
TT520Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
SL60W
LEDビデオライト
(GODOX)
MS300
モノブロックストロボ
(GODOX)
XPro
フラッシュトリガー
(GODOX)
X2T
フラッシュトリガー
(GODOX)
TT560
ストロボ
(Neewer)
NW635Ⅱ
ストロボ
(NEEWER)
NL-660
パネルライト
(NEEWER)
ソフトボックス
(NEEWER)
ソフトボックス
(Ayutong)
Amaran 60dS
LEDビデオライト
(Aputure)
よかったらシェアしてね!
目次