GODOXのTT685Ⅱをレビュー!TT600や他のGODOXのストロボと比較してみた!

この記事では、GODOXのコスパ良好ストロボ『TT685ⅡS』のレビューを紹介しています。

悩む人

新しく出たTT685Ⅱが気になる。。
実際の使い勝手はどうなの?
TT600や他のGODOXのストロボとの違いは?

…こんな悩みを解決できる記事になっています。

今回、GODOXの安価版ストロボであるTT600からTT685Ⅱに買い替えましたが、心から買い替えてよかった、いい買い物をしたと思っています。

本記事が、TT685Ⅱの購入を迷っている方の参考になればうれしいです^^

\TT685Ⅱのメリット・デメリット/

メリット
デメリット
  • やっぱりTTLは便利!
  • クイックリリースロックが快適!
  • ビープ音が便利!
  • ハイスピードシンクロが
    クリップオンで使える
  • TT600より値段が高い
この記事を書いた人
  • カメラ歴9年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

TT685Ⅱの基本スペック

まずは、TT685Ⅱの基本スペックを紹介していきます!

\TT685Ⅱの基本スペック/

製品名TT685Ⅱ
(新型)
TT685
(旧型)
ガイド
ナンバー
6060
サイズ6.4 × 7.6 × 19cm6.4 × 7.6 × 19cm
重量
(電池込)
500g530g
露出
制御
TTL
マニュアル
TTL
マニュアル
シンクロ
方式
HSS
前幕シンクロ
後幕シンクロ
HSS
前幕シンクロ
後幕シンクロ
ロック
方式
クイック
リリース式
ネジ式
ズーム20〜200mm20〜200mm
電源単三電池
4本
単三電池
4本
発光
回数
約230回約230回
閃光時間1/300s – 1/20000s1/300s – 1/20000s
リサイクル
タイム
0.1~2.6秒0.1〜2.6秒
垂直
回転角度
-7〜120°-7〜90°
水平
回転角度
0〜360°0〜360°
ワイヤレス
機能
マスター
スレーブ
シャットダウン
マスター
スレーブ
シャットダウン
使用可能
グループ
A、B、C、D、EA、B、C
チャンネル1~321〜32
伝送範囲100m100m
USB端子USB-TypeCMicro-B端子
AF補助光中央:0.6-10m
周辺:0.6-5m
中央:0.6-10m
周辺:0.6-5m
シンクロ
トリガー
ホットシュー
3.5mm同期ケーブル
無線制御ポート
PCシンクロコード
ホットシュー
3.5mm同期ケーブル
無線制御ポート
PCシンクロコード

GODOX TT685Ⅱをレビュー

それでは実際に購入したTT685Ⅱをレビューしていきます!
※僕の使っているカメラはSONYのα7Ⅲなので、SONY用のTT685ⅡSになります。
カメラのメーカーごとに違うので購入時は注意が必要です!

開封の様子

それでは開封の様子を紹介していきます。

GODOX(ゴドックス)のストロボは、とっても使いやすく、比較的安く買えるので多灯ライティングもしやすいので、たくさんのプロカメラマンも愛用していますが、中国のメーカーなんですよね。

外箱には中国語の表示が多く、『あ、中国のメーカーなんだな』というのを再認識させられます。
外箱の紙はやや薄めで、正直ちょっと安っぽい感じ。笑

外箱

箱に入っているのは、本体、説明書、専用ケース、ストロボ用台座の4つです。

さすがプロカメラマンが愛用するだけあって、ストロボ本体の作りはしっかりしています。
専用ケースも作りがしっかりしていますよー!
箱に入っていたときの折り目はありますが、すぐに伸びて気にならなくなりました。

製品の様子

電源は単三電池が4本です。カタログ上は、フルパワーフラッシュで約230回発光できます。
カメラに付けて使う場合、ストロボ本体に単三電池4本分が乗るわけで、かなり重く感じます。
まぁだいたいのストロボは同じ感じですが。。

電源を入れるとこんな感じ。
液晶の色は、旧型の赤色から新型では青色に変わっています。
僕的にはこっちの色のほうがさわやかで好みですね^^

側面には、ファームウェアアップデート用のUSB-TypeCポートと同期コードジャックが付いています。
旧型はMicro-B端子だったので、改善点と言えるでしょう。
ただ、同期は無線でできるので、どちらも使用頻度は少なめかな?

ストロボの正面には、外部電源を接続できるポートが付いています。
外部電源を接続すれば、リサイクルタイムや発光回数が向上するので、よりパフォーマンスがよくなります。

前面の赤いパネル部分は、写真のようにつや消し加工されており、高級感がでていい感じです。
この赤いパネルって、キズが目立ちやすかったので、つや消し加工はうれしいですね^^

カメラはSONY α7Ⅲ、レンズはSIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Artでカメラに実際に取付けてみましたが、Zoom値、F値ともに正しく認識されて、しっかりTTLが使えることを確認しました!
レンズはサードパーティー製でしたが、全く問題なし!さすがのGODOXです^^

TT685Ⅱのいいところ

ここからは、実際にTT685Ⅱを使ってみた感想を紹介していきます。まずはいいところから。

TT685Ⅱの購入前は、同じくGODOXのTT600を使っていたので、TT600から買い替えてよかったなぁと感じることを中心に紹介していきます!

やっぱTTLは便利!

これまで、TTL(Through The Lens=自動調光機能)のついていないTT600を使用してましたが、今回TT685ⅡSを購入して思いました。

『あ、やっぱりTTL便利だわ』

TTLがついていないマニュアルのストロボって、光量の調整が面倒だし難しいんですよね。

まず、①カメラの設定をして、②ストロボの設定をして、③試し撮りして、④ストロボの設定を変更して、、、と慣れるまでは撮りはじめるまでに結構時間がかかってしまうもの。
こちらの記事でマニュアルストロボの使い方は詳しく説明しています。↓

一方で、TTLがついていれば、面倒な設定が必要なくカメラとストロボに全部おまかせ!
久しぶりにTTL付きのストロボを使ったけど、もう一度使うと離れなれない快適さ。。

メインのストロボはTTLありのものを購入することを強くおすすめします!!!

クイックリリースロックが快適!

TT685ⅡSは、カメラの取付方式として『クイックリリースロック方式』を採用しています。

\脱着が面倒なネジ式ロック/

TT600のようなネジ式ロックの場合、カメラに取り付ける際にネジをくるくる回す必要があります。
ネジ式は、取付けに時間がかかるし、使っていくとネジ部分が壊れやすかったりするんですよね。

一方で、TT685ⅡSで採用されているクイックリリースロックなら、ロックボタンを押しながら約120°回すだけで脱着が可能です。これがとっても便利で、一度使ったら戻れなくなるレベル。

\脱着楽々なクイックリリースロック/

まーとん

クイックリリースロック、ホントに楽です!脱着の手間が圧倒的に減ります。一度使ったら戻れないやつです。

ビープ音が便利!

TT685ⅡSにはビープ(BEEP)音のON/OFF機能があります。

ビープ音は、ストロボの発光準備ができると『ピー!』という音がでてお知らせしてくれる機能のこと。

ストロボって電池残量が少なくなると、発光間のリサイクルタイムが長くなり、「発光したいのにできない」ということがでてきます。
ストロボの電池残量って表示されないし、三脚にカメラを付けて集合写真を撮っているときなんかはストロボのランプ表示も確認できないし、必要なときに光ってくれないのって結構ストレスだったんですよね。

一方で、ビープ音をONにしておけば、発光準備が整ったときだけ音で知らせてくれるので、電池残量が少なくなったのがわかるし、今撮影してもストロボが光らないのがわかるんですよ。
実際これって結構便利だったりします。

まーとん

もちろん、音がうるさい!!という人には、OFFにすることもできるのでご安心を^^

ハイスピードシンクロがクリップオンで使える

これまで使っていたTT600は、ハイスピードシンクロ機能がついていたものの「コマンダーを介さないと使えない」という制限があり、かなり不便さを感じていました。
が、このTT685Ⅱなら、クリップオンストロボでも特に制限なくハイスピードシンクロがしっかり使えます。

ハイスピードシンクロ機能がないと、シャッタースピードが速くなる(例えば1/250秒以上とか)とこんな感じで黒い影が写り込んでしまうんです。

HSSなし、シャッタースピード1/500s

室内で子供を撮影使用となると、動き回る子供を撮るためにシャッタースピードを速くする場面は結構あるわけで、かなり使用を限定されていました。。

一方で、クリップオンでも制限なくハイスピードシンクロが使えるTT685Ⅱなら問題解決!
黒い影が写り込むこともなく、シャッター速度をしっかり速くできます。

HSSあり、シャッタースピード1/500s

まーとん

室内で子供を撮る機会がおおいなら、TT685Ⅱを選びましょう!

TT685Ⅱのいまいちなところ

やや値段が高い

完全にTT600との比較になりますが、、TT685Ⅱは約16000円。8000円のTT600なら2本買えてしまう価格設定です。

高いといっても、上述の通りTTLが使えてハイスピードシンクロ機能付きと、メインで使うストロボとしてしっかりとした機能がついているので、はじめの一本はTT685Ⅱを強くおすすめします!
多灯ライティング用にTT600を買うのはかなりコスパがいいと思いますよー^^

SONY純正に比べれば圧倒的に安いので、コスパがいいことに変わりはありません!!

大きな不満はありません!

ぶっちゃけ他に大きな不満はありません!!いい買い物だと思います!

あえてあげるとすれば、電池がヘタってきたときの発光のリサイクルタイムでしょうか。
やっぱり乾電池で動作する分、連続で使ってくるとリサイクルタイムが長くなってきてストレスになることはあります。

電池のパワーに関しては、同じスペックで専用リチウムイオン電池対応モデルである『V860Ⅱ』や『V860Ⅲ』があるので、こちらを検討してみましょう!
もし連続して使うような場合は、単三電池のストックを持ち歩けば、TT685Ⅱで全然問題ないですよー^^

他のGODOXのストロボとの違い

最後に、他のGODOXのストロボのスペックの違いを下記にまとめました!

無線の設定など細かなスペックは載せていませんが、大雑把に各製品の立ち位置はつかめるはず。
ぜひ参考にしてみてくださいー^^

\GODOXのクリップオンストロボ一覧/

製品名参考
価格
口コミ
TT350
TT350S
11000

(56件)
V350
V350S
20000

(1件)
TT600
TT650
8000

(66件)
TT685
TT685S
14000

(57件)
TT685Ⅱ
16700

(5件)
V850Ⅱ
V850Ⅱ
17000

(36件)
V860Ⅱ
V860Ⅱ
22000

(2件)
V860Ⅲ
V860Ⅲ
29000

(1)
V1
V1
33000

(122件)
※画像出典:amazon.co.jp

\GODOXのクリップオンストロボ一覧/

製品名参考
価格
口コミ発光量
(GN)
バッテリーTTLフル発光
回数
リサイクルタイム
(フル発光)
TT350
TT350S
11000

(56件)
36単三
2本
210
0.1〜2.2
V350
V350S
20000

(1件)
36専用
バッテリ
500
0.1〜1.7
TT600
TT650
8000

(66件)
60単三
4本
230
0.1〜2.6
TT685
TT685S
14000

(57件)
60単三
4本
230
0.1〜2.0
TT685Ⅱ
16700

(5件)
60単三
4本
230
0.1〜2.6
V850Ⅱ
V850Ⅱ
17000

(36件)
60専用
バッテリ
650
0.1〜1.5
V860Ⅱ
V860Ⅱ
22000

(2件)
60専用
バッテリ
650
0.1〜1.5
V860Ⅲ
V860Ⅲ
29000

(1)
60専用
バッテリ
480
0.1〜1.5
V1
V1
33000

(122件)
7.6
Ws
専用
バッテリ
480
0.1〜1.5
※画像出典:amazon.co.jp

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのストロボの売れ筋ランキングをまとめます!
ぜひご参考にどうぞ!

カメラメーカーごとに使えるストロボを一覧でまとめているので、こちらの記事も参考にどうぞ^^

よかったらシェアしてね!
目次