\ ポイント最大11倍! /

【レビュー】NEEWERのNW635Ⅱを使った感想!コスパ良好な王道のクリップオンストロボ!

この記事では、NEEWERのストロボNW635Ⅱを実際に使ってみた感想を紹介しています。

悩む人

・NW635Ⅱの使い勝手はどうなの?
・NEEWERのストロボの実際の使い勝手はどうなの?
・ストロボを使うとどんな写真が撮れるの?

…こんな悩みを解決できる記事になっています!

NEEWERのNW635Ⅱを実際に使った感想

結論:コスパ抜群のTTL対応クリップオンストロボ!

  • TTLとオートズームに対応でコスパ抜群!
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • 電波式スレーブは使えない
  • 低価格なりのつくりの甘さはある

約10000円の低価格でTTLに対応した必要な機能がしっかり入ったクリップオンストロボは他では手に入らないので、かなりコスパが良好な一本でした!

また、余分な機能がないため操作もシンプルで使いやすく、特に『クリップオンストロボとしてしっかり使えればOK!』『本格的な多灯ライティングはしない!』という人には、しっかり活躍してくれる一本となっておりオススメです!

この記事を書いた人
  • カメラ歴11年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

NEEWER NW635Ⅱの外観紹介

それでは、開封の様子からNW635Ⅱを紹介していきます。

開封の様子

まずは外箱です。一般的なストロボの外箱です。

一般的なストロボの外箱です

付属品一覧

付属品を並べてみました。

付属品一覧

ストロボ本体とキャリーケース、ディフューザー、ストロボ台、説明書が付属品になります。

NEEWER NW635Ⅱ本体の様子

続いて、ストロボ本体の様子を紹介していきます。

しっかりしたつくりのストロボ本体

本体は、GODOXなど他のストロボと比べるとやや大きな印象で、つくりはしっかりしています。

しっかりしたつくりの本体

液晶画面つきで操作性は良好

操作部には、ボタンが4つと十字ボタン、液晶画面がついています。

液晶画面付き

電源は一般的な単三電池4本

電源は、このランクのストロボでは一般的な単三電池4本です。

電源は単三電池4本

電池込みの本体重量は505g

電池込みの本体重量は505gで、このランクのストロボでは一般的な重さと言えます。

電池込みの重量は505g

カメラへの取り付け部はネジ式ロック

カメラへの取り付け部分は、ネジ式ロックを採用しています。

カメラへの取り付け部分はネジ式ロック

個人的にお気に入りなクイックリリースロックに比べると脱着のしやすさは劣りますが、価格を考えると仕方ないところでしょう。

【参考】脱着楽ちんなクイックリリースロックは不採用

カメラとの接続部はプラスチック製

カメラとの接点は、一般的なプラスチックを採用しています。

カメラとの接続部は金属製

ハイスペックモデルで採用されている金属製より強度は劣りますが、こちらも価格を考えると問題ありませんね。

ストロボケースの生地はやや薄め

NW635Ⅱには、専用のキャリーケースが付属しています。

専用のキャリーケース付き

私自身いろいろなストロボを触ってきていますが、キャリーケースの生地はやや薄めです。
他の写真でもわかるように、ちょっと型崩れしやすい薄さかなぁといった感じです。

キャリーケースの生地はやや薄め

一方で、キズからはしっかり守ってくれそうなので、問題はないです。
このまま持ち運ぶ人は少数だと思うので、カメラバックで工夫するといいでしょう。

NEEWER NW635Ⅱを実際に使った感想

ここからは、NW635Ⅱを実際に使ってみた感想を紹介していきます。
まとめるとこんな感じです。

NEEWERのNW635Ⅱを実際に使った感想

結論:コスパ抜群のTTL対応クリップオンストロボ!

  • TTLとオートズームに対応でコスパ抜群!
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • 電波式スレーブは使えない
  • 低価格なりのつくりの甘さはある

TTLとオートズームに対応でコスパ抜群!

NW635Ⅱの最大のメリットは、約10000円という低価格なのにTTLとオートズームがしっかり使えることです!

TTL(Through The Lens=自動調光機能)は、カメラが自動でストロボの発光量を調整してくれる機能のこと。

この価格帯のストロボはTTL非対応のものが多く、マニュアルで発光量を調整する必要がありますが、NW635Ⅱは露出さえ調整してしまえば自動で発光量を調整してくれるので、とっても便利!カメラに不慣れな人にもやさしいです。

また、ズームレンズの焦点距離に合わせて照射範囲を自動調整してくれるオートズームにもしっかり対応しています。

TTLとオートズームに対応!

手持ちの『α7Ⅲ + SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art』で検証しましたが、しっかりオートズームに対応していました!
サードパーティー製のレンズにも対応しています。

まーとん

クリップオンストロボとして必要な機能はしっかりしていて、約10000円はかなりコスパがいいのでおすすめです^^

機能がシンプルで使いやすい

使っていて感じたのが、機能がシンプルでとっても使いやすいこと。

『オンカメラでTTL撮影できればOK!!』という人に最適です。
ありがちなMENU画面などもなく、とてもシンプルに使えます。

できることは、TTL/マニュアル/マルチ発光モードの切替。これは左上のボタンひとつで完結します。

\発光モードの切替/

TTLモード
マニュアルモード
マルチ発光モード

そして、光学式のスレーブモード。こちらはS1とS2モードを選択でき、左上のボタンで切替できます。

\スレーブモードの切替/

S1モード
S2モード

SETボタンの長押しでビープ音のON/OFFが切り替えられます。

\ビープ音のON/OFF/

ビープ音ON
ビープ音OFF

ビープ音はストロボの発光準備が完了すると「ピッ!」という音で知らせてくれる機能で、使用する環境は選びますが、個人的には便利で愛用しています。

あとは、右上の電源ボタンで液晶画面のバックライトのON/OFFが切り替えられます。

まーとん

クリップオンストロボとして必要な機能がそろっているので、メインのストロボとしておすすめ!

電波式スレーブは使えない

NW635Ⅱで多灯ライティングをする場合、使用できるのは光学式スレーブのみで電波式スレーブには対応していません。

電波式スレーブなら最大100m離れたストロボを遠隔操作可能ですが、光学式スレーブはストロボの光が届く範囲しか遠隔操作できないデメリットがあります。

まーとん

遠隔操作が必要ない人は、NW635Ⅱがコスパ抜群です!

低価格なりのつくりの甘さはある

クリップオンストロボとして必要な機能がしっかりそろって約10000円とコスパ良好なだけあり、細部をみるとややつくりの甘さを感じる部分はあります。

キャリーケースがきつい

付属のキャリーケースにはストロボ台も一緒に収納できるようにストロボ台用の内ポケットがついていますが、ストロボ台を入れるとケースがきつく、ストロボの収納がややストレスです。

ストロボ台を入れる内ポケットつき
しかし、ストロボ台を入れるときつい

ストロボ台を入れると、ところどころケースの端部にストロボがひっかかり、サイズがギリギリです。

一方で、ストロボ台を出せば比較的スムーズに収納が可能となります。

ストロボ台のネジ穴がプラスチック製

ストロボをスタンドに取り付けて使用する場合にストロボ台を使用しますが、ストロボ台のネジ穴がプラスチック製で耐久性にやや不安があります。

ストロボ台のネジ穴がオールプラスチック製

他社のストロボだとネジ穴部分は金属製になっていることが多く、ストロボ台をよく使う人は耐久性に注意が必要です。

ネジ式ロックとプラスチック製ホットシュー

あとは、外観紹介部分で上述したように、ネジ式ロックを採用していたり、プラスチック製のホットシューを採用していたりと、価格に見合った機能と言えます。

ネジ式ロック
プラスチック製ホットシュー
まーとん

理想をあげればキリがないけど、必要機能はしっかり入ってるので
コスパは抜群ですね^^

NEEWER NW635Ⅱを使用した作例を紹介!

ここで、ストロボNW635Ⅱを使って『天井バウンス』で撮影した作例を紹介します。

※『天井バウンス』とは、「直接被写体ではなく天井に向けてストロボを発光させる方法」で、天井に反射した光が均等に被写体に当たるため、本来の色味で撮影することができます。

\天井バウンスのイメージ/

直接発光
天井バウンス発光

NW635Ⅱ有無の比較例

うちにあった子供のぬいぐるみたちをNW635Ⅱを使った天井バウンスで撮影してみた結果がこちら!
※スライダーをぐりぐり動かしてみてください。

\←ストロボなし | ストロボあり→/

発色が全然違うのがわかりますね!ストロボを天井バウンスして使うと、圧倒的にきれいにぬいぐるみ本来の色で撮影することができます。

ちなみに写真の一部分を拡大するとこんな感じです。

\←ストロボなし | ストロボあり→/

ストロボなしだと、光が足りずにシャッタースピードが遅くなって手ブレしてしまいました。

一方で、ストロボを使うと明るくなり、手ブレしない十分なシャッタースピードを稼ぐことができました。

まーとん

色も断然キレイだし、手ブレはしにくくなるし、もう室内撮影でストロボはなくてはならない存在となっています^^

NW635Ⅱを使った作例

続いて、NW635Ⅱを天井バウンスして室内で撮った写真をいくつか紹介します!

変な影ができずブツ撮りにも最適!
人の肌も自然な色で撮影できます
まーとん

人の肌も明るく、本来の色でキレイに撮影できます^^

赤ちゃんの手もふんわりやさしく撮影可能!
まーとん

TTL機能つきのNW635Ⅱなら面倒な設定なしにストロボを天井に向けるだけできれいな写真が撮れますよー^^

そもそもNEEWERとは?

※画像出典:https://jp.neewer.com/

NEEWER(ニューワー)は、ストロボやライト、三脚やレンズフィルターなどを安価な価格で展開している中国の総合カメラ機材メーカーです。

NEEWER(ニューワー)の企業情報
  • 創業:2011年
  • 本社:中国 広東省 深セン市
  • 特長:総合カメラ機材メーカーでLEDライト、三脚、レンズフィルターなど安価に入手可能!

本社は中国ですが、米国,英国,ドイツなど、世界各国に支店を展開しており、グローバルに販売しています。
2020年には『国家ハイテク企業』として認められています。

低価格ながらスペックの高い機材をたくさん扱っており、カメラマンのふところに優しいカメラ機材メーカーと言えます。

私自身もNEEWER製品にはいくつかお世話になっており、愛用しています。

\お世話になってるNEEWERアイテム!/

レビュー済みNEEWER製品

TT560
(ストロボ)
可変式
NDフィルター
LEDライト
フトボックス
NW635Ⅱ
(ストロボ)
NL-660
(パネルライト)

結論:コスパ抜群のTTL対応クリップオンストロボ!

NEEWERのNW635Ⅱを実際に使ってみた感想を紹介してきましたが、約10000円でクリップオンストロボとして必要な機能が一通り入っており、メインのストロボとして活躍できるコスパ抜群のクリップオンストロボとしておすすめできます!

NEEWERのNW635Ⅱを実際に使った感想

結論:コスパ抜群のTTL対応クリップオンストロボ!

  • TTLとオートズームに対応でコスパ抜群!
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • 電波式スレーブは使えない
  • 低価格なりのつくりの甘さはある

一番の魅力は、約10000円という価格でしっかりTTLとオートズームが使えること!

この価格でTTLに対応したクリップオンストロボは手に入らないので、メインのクリップオンストロボとして非常にコスパが高いです!

さらに、余分な機能がついていない分操作がとってもシンプルで、『クリップオンストロボとしてしっかり使えればOK!』『本格的な多灯ライティングはしない!』という人には、しっかり活躍してくれる一本となっています。

一方で、電波式スレーブが使えなかったり、低価格なりのつくりの甘さも紹介しましたが、総合的に考えてかなりコスパのいいクリップオンストロボです!

まーとん

コスパのいいクリップオンストロボをお探しなら、これを買っておけば間違いないです^^

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのストロボの売れ筋ランキングをまとめます!
ぜひご参考にどうぞ!

これまでに各メーカーのクリップオンストロボ一覧をまとめています。

\これまでにまとめたストロボメーカー!/

各メーカー別ストロボ一覧

SONY用CANON用Nikon用
OLYMPUS用PENTAX用富士フイルム用
GODOXNEEWERNissin
Yongnuo

これまでに以下の製品についてレビュー記事を執筆しています。ご参考にどうぞ!

\これまでに執筆したレビュー記事!/

レビューした撮影用照明関連製品

HVL-F60RM2
ストロボ
(SONY)
V1
ストロボ
(GODOX)
V860Ⅲ
ストロボ
(GODOX)
TT685Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
TT350
ストロボ
(GODOX)
TT600
ストロボ
(GODOX)
TT520Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
SL60W
LEDビデオライト
(GODOX)
MS300
モノブロックストロボ
(GODOX)
XPro
フラッシュトリガー
(GODOX)
X2T
フラッシュトリガー
(GODOX)
TT560
ストロボ
(Neewer)
NW635Ⅱ
ストロボ
(NEEWER)
NL-660
パネルライト
(NEEWER)
ソフトボックス
(NEEWER)
ソフトボックス
(Ayutong)
Amaran 60dS
LEDビデオライト
(Aputure)
よかったらシェアしてね!
目次