\ ポイント最大11倍! /

オリンパス(OLYMPUS)のカメラで使えるおすすめのストロボをまとめて比較したよ!

この記事では、オリンパスのカメラで使用できるストロボをまとめて徹底比較しています。

趣味カメラマン

・オリンパスのカメラで使えるストロボが欲しい!
・おすすめのストロボを知りたい!
・自分にあったストロボをしっかり比較して選びたい!!

…そんな悩みを抱えているあなたのための記事となっています!
世の中で入手可能なストロボを徹底比較して、自分の撮影用途に合った納得のいくストロボを選びましょう!!

オリンパス(OLYMPUS)のストロボの選び方
  • とにかく安く買いたいならNEEWER
  • 多灯ライティングがしたいならGODOX
  • 予算があって安心を買いたいならオリンパス純正

\コンパクトなオリンパスのカメラにピッタリ!/

GODOX
¥12,917 (2024/06/22 10:51時点 | Amazon調べ)

\専用充電池対応のハイスペックモデル!/

GODOX
¥19,530 (2024/05/24 13:06時点 | Amazon調べ)
この記事を書いた人
  • カメラ歴11年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

オリンパス(OLYMPUS)のカメラ向けストロボの一覧比較!

さっそく、オリンパスのカメラで使えるストロボの一覧を紹介していきます。
製品スペックを比較して、自分の用途に合ったストロボを選びましょう!

各用語の解説はこちらをクリック!
【用語解説】ガイドナンバー(GN)とは?

フラッシュの明るさを示す数値で、値が大きいほど明るく発光することができます。
GNが大きい方が発光性能が高く、価格も高くなる傾向にあります。
カメラメーカーのストロボの最上位機種でGN60が目安です。

【用語解説】TTL(自動調光機能)とは?

「Through The Lens(スルーザレンズ)」の略で、カメラの露光制御方式を指します。
レンズを通して光量を測定し、カメラが自動でストロボの発光量を調整してくれます。
難しい設定が不要なので初心者にも使いやすい便利な機能です。

【用語解説】HSS(ハイスピードシンクロ)とは?

カメラのシャッタースピードを高速に設定できるフラッシュの機能です。
ハイスピードシンクロ非対応のストロボでシャッタースピードを1/250以上(目安)にすると、黒い影が映り込みます。

ハイスピードシンクロ非対応,SS1/500
各用語の解説はこちらをタップ!
【用語解説】ガイドナンバー(GN)とは?

フラッシュの明るさを示す数値で、値が大きいほど明るく発光することができます。
GNが大きい方が発光性能が高く、価格も高くなる傾向にあります。
カメラメーカーのストロボの最上位機種でGN60が目安です。

【用語解説】TTL(自動調光機能)とは?

「Through The Lens(スルーザレンズ)」の略で、カメラの露光制御方式を指します。
レンズを通して光量を測定し、カメラが自動でストロボの発光量を調整してくれます。
難しい設定が不要なので初心者にも使いやすい便利な機能です。

【用語解説】HSS(ハイスピードシンクロ)とは?

カメラのシャッタースピードを高速に設定できるフラッシュの機能です。
ハイスピードシンクロ非対応のストロボでシャッタースピードを1/250以上(目安)にすると、黒い影が映り込みます。

ハイスピードシンクロ非対応,SS1/500
スクロールできます
製品
型番
メーカー参考
価格
重さGN
(明るさ)
TTL
(自動
調光)
電源ハイ
スピード
シンクロ
その他
特徴

TT560
NEEWER6149286g38単3
4本

NW600
NEEWER8949
360g40単3
4本

NW625
NEEWER5999
295g54単3
4本

TT600
GODOX8,400
400g60単3
4本

TT350O
GODOX11,300
200g36単3
2本

V350O
GODOX19530
210g36専用
充電池

TT685ⅡO
GODOX17,850
405g60単3
4本

V850Ⅲ
GODOX21840
390g60専用
充電池

V860ⅢO
GODOX30350
410g60専用
充電池

V1O
GODOX34650
420g76Ws
≒60
専用
充電池

FL-LM1
OLYMPUS5500
25g7記載
なし
不要
カメラ給電
記載
なし

FL-LM3
OLYMPUS7700
51g9.1記載
なし
不要
カメラ給電
記載
なし

FL-700WR
OLYMPUS39600
303g42単3
4本
防塵防滴
10コマ/秒対応

FL-900R
OLYMPUS70400
382g58単3
4本
防塵防滴
10コマ/秒対応
画像出典:amazon.co.jp

※オリンパス純正ストロボは、カメラによって使えないものがあるので、メーカー公式サイトの対応表を必ずご確認ください!

以上、一覧でした。
まとめると、中国製のNEEWER、GODOX か、純正のOLYMPUSから選ぶ!ということになります。

OLYMPUSのストロボの選び方
  • とにかく安く買いたいならNEEWER
  • 多灯ライティングがしたいならGODOX
  • 予算があって安心を買いたいならOLYMPUS純正
悩む人

…たくさんありすぎてどう選んだらいいかわからないよ。。

そんなあなたのために、自分にあったストロボの選び方とおすすめのストロボを次で紹介していきますよ^^

こんな選び方がおすすめ!

たくさん種類がありすぎて選べないと思うので、『こうすれば幸せになれる!!』という選び方を紹介していきます!ぜひご参考にどうぞ!!

とにかく安く買いたいならNEEWER!

とにかく安く買いたいなら中国製のNEEWERを選びましょう!

NEEWERというメーカーを聞いたことがない人もいるかもしれませんが、中国製と言っても、三脚やバッテリー、レンズのフィルター、充電器などなど、いろいろなアクセサリーを手掛けていて、なかなか品質が安定してきている印象です。

よくわからない中国製を買うより、やや有名なNEEWERや次におすすめするGODOXなら信頼できるという感覚になってきています。

とにかく安く買いたいならこれ!

とにかく安く買いたいならこちらのTT560を選びましょう!

NEEWER
¥6,049 (2024/06/22 19:27時点 | Amazon調べ)
TT560のおすすめポイント!
  • とにかく安く買える!
  • 十分な発光量でGN38!
  • いろいろなメーカーのカメラでも使える!
  • マニュアル発光なので使い方がやや難しい。。

こちらの商品は僕も実際に持っていて、今でも愛用しています!

ただし、サイズ感はOLYMPUSのコンパクトなカメラにはやや大きめなので、注意が必要です。
付けてみるとこんな感じ。

OLYMPUSのカメラにはややミスマッチかも

さらに注意したいのは、TTL(自動調光)が付いていないので、光量をマニュアルで設定しないといけないこと!
使い方がやや難しいですが、こちらの記事で使い方を含めてレビューしているので、ご参考にどうぞ!

多灯ライティングに挑戦するならGODOX!

今後、ストロボをいくつか使って高度な多灯ライティングをする機会があるならGODOXを選びましょう!

GODOXの大きな特長は、日本国内電波法に適合した技適(技術基準適合証明)マークを取得した電波式によるストロボ制御です。
電波式によるストロボ制御は、一般的な光学式より障害物があったり離れていても複数のストロボを快適に制御できるのがメリットで、最大100m離れた距離でも複数のストロボを遠隔で発光することができます!

また、メーカー純正品と同等のスペックのストロボを圧倒的低価格で購入できるのも大きな魅力です^^

GODOXも中国メーカーですが、プロのカメラマンも愛用するほど品質はよく、さらに多灯ライティングするには使い勝手がいいと評判はかなりいいです。
その分、NEEWERよりはやや高めの価格設定となっています。

手軽に持ち運びたいならTT350-O!

TT350Oはカメラにぴったりサイズ!

小型で手軽に持ち運びたいならTT350Oを選びましょう!
コンパクトなオリンパスのカメラにピッタリサイズでおすすめです!!

GODOX
¥12,917 (2024/06/22 10:51時点 | Amazon調べ)
TT350Oのおすすめポイント!
  • 小さくて携帯性は抜群!
  • 単三電池2本で使えて軽い!
  • バウンス撮影も簡単にできる!
  • GN36とやや弱め
まーとん

僕は最初にTT350Oを買ったけど、光量が足りないと感じてTT685Ⅱに買い換えたよ
携帯性を考えずにメインでバリバリ使いたいならTT685、いろいろなところに持っていてストロボ撮影を楽しみたいならTT350を購入しよう!

便利に使いたいならTT685Ⅱ-O!

ストロボサイズはでかめだけどハイスペック!

とにかく快適に使いたいなら、TTL(自動調光機能)つきのTT685ⅡOを選びましょう!

GODOX
¥18,580 (2024/06/25 13:12時点 | Amazon調べ)
TT685ⅡOのおすすめポイント!
  • TTL(自動調光)付きで簡単に使える!
  • GN60と十分な光量!
  • 約17000円と価格はやや高め
まーとん

僕は安さにつられてTT600を買ったけど、TT685Ⅱに結局買い換えています。。
マニュアル発光も慣れれば問題ないけど、やっぱりTTLはあると便利です!!
数千円はケチらないのがおすすめです。。

とにかく安くGODOXのストロボを買いたいならTT600

TTLがついていなかったり、単独でハイスピードシンクロを使えなかったりしますが、多灯ライティング用にGODOXのストロボを買いたいならTT600がおすすめです。しかも、約8000円とリーズナブルに購入できます。

GODOXストロボの選び方まとめ!
  • 快適に使いたいならTT685ⅡO!
  • 手軽に携帯したいならTT350O!
  • とにかく安くGODOXを使うならTT600

GODOXのストロボは種類が多いので、こちらの記事ならじっくり自分にあったGODOXのストロボを選ぶことができます。

カメラのサイズに合ったストロボを選ぼう!

ここで、手持ちのOLYMPUSのカメラに各GODOX製のストロボを付けてみました!

\ストロボサイズの比較!/

TT350
TT685Ⅱ
V1
TT350
TT685Ⅱ
V1

写真を比べてみればわかるように、オリンパスのカメラのコンパクトさを活かすなら、TT350OV350Oをおすすめします!

一方で、発光量や発光可能回数、性能にこだわりたいなら、大型機種のTT600TT685ⅡOV860ⅢOV1Oを検討しましょう!

フラッシュトリガーがあるとさらに便利に!

GODOXはいくつものストロボを無線でコントロールして発光させるのが非常に快適で、フラッシュトリガーを準備すれば簡単に思い通りの多灯ライティングができるようになります!

GODOX
¥11,664 (2024/06/22 10:51時点 | Amazon調べ)
GODOX
¥7,670 (2024/06/22 10:51時点 | Amazon調べ)

上述のフラッシュトリガーについては、それぞれこちらの記事でレビューしているのでご参考にどうぞ!

予算がたくさんあるならOLYMPUS純正!

予算がたくさんあるなら、メーカー純正のOLYMPUSのストロボを買っておけば間違いありません!

OLYMPUSのストロボがおすすめな人
  • メーカー純正の安心感を得たい!
  • 発光具合や色味を自動で調整してもらいたい!
  • お金はいくら払ってもいい!

※オリンパス純正ストロボは、カメラによって使えないものがあるので、メーカー公式サイトの対応表を必ずご確認ください!

メーカー純正ならカメラとの互換性が抜群なので、ストレスなく思った通りのライティングが簡単にできますよ!

現在生産している製品だとFL-700WRがおすすめです!
オリンパス純正のストロボの大きな特長は、防塵防滴対応と10コマ/秒の高速連写に対応していることです!

OM SYSTEM/オリンパス
¥75,244 (2024/06/22 10:51時点 | Amazon調べ)

FL-700WRはガイドナンバー(GN)は42と十分な発光量で、10コマ/秒に対応したハイスペックが大きな特長です。

ガイドナンバーが不足する人は、最上位機種のFL-900Rを選びましょう!

OM SYSTEM/オリンパス
¥54,000 (2024/06/22 10:51時点 | Amazon調べ)

上述の一覧表ではFL-LM1やFL-LM3などの超小型ストロボを紹介していますが、首振りがしにくかったり、圧倒的に光量が足りないので、しっかりした外付けストロボの購入を強くおすすめします!

メーカー純正品より高スペックなストロボをより安価に入手したいなら、Nissin(ニッシンデジタル)のストロボもおすすめです!こちらの記事でまとめています^^

これまでに各メーカーのクリップオンストロボ一覧をまとめています。

\これまでにまとめたストロボメーカー!/

各メーカー別ストロボ一覧

SONY用CANON用Nikon用
OLYMPUS用PENTAX用富士フイルム用
GODOXNEEWERNissin
Yongnuo

これまでに以下の製品についてレビュー記事を執筆しています。ご参考にどうぞ!

\これまでに執筆したレビュー記事!/

レビューした撮影用照明関連製品

HVL-F60RM2
ストロボ
(SONY)
V1
ストロボ
(GODOX)
V860Ⅲ
ストロボ
(GODOX)
TT685Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
TT350
ストロボ
(GODOX)
TT600
ストロボ
(GODOX)
TT520Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
SL60W
LEDビデオライト
(GODOX)
MS300
モノブロックストロボ
(GODOX)
XPro
フラッシュトリガー
(GODOX)
X2T
フラッシュトリガー
(GODOX)
TT560
ストロボ
(Neewer)
NW635Ⅱ
ストロボ
(NEEWER)
NL-660
パネルライト
(NEEWER)
ソフトボックス
(NEEWER)
ソフトボックス
(Ayutong)
Amaran 60dS
LEDビデオライト
(Aputure)

ストロボの売れ筋ランキングはこちら!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングをまとめておきます!
ぜひご参考にどうぞ!

まとめ:ポイントを押さえて自分にあったストロボを選ぼう!

オリンパスのカメラで使えるストロボを比較してまとめました!
選ぶポイントを復習しておきましょう!

OLYMPUSのストロボの選び方
  • とにかく安く買いたいならNEEWER
  • 多灯ライティングがしたいならGODOX
  • 予算があって安心を買いたいならメーカー純正

おすすめは、僕も愛用しているGODOX TT685ⅡOです。
迷っているならこれを買っておけば間違いないです。

\これを選べば間違いなし!/

GODOX
¥18,580 (2024/06/25 13:12時点 | Amazon調べ)

はじめてストロボを買うなら、まずは一番安く買えるNEEWERのTT560からはじめてみましょう!
コツさえつかめば普通に使えるし、自分には合わなかったとしも、大きな金額じゃないので割り切れるかと。
使い方も解説しているので、まずはNEEWERのTT560からはじめてみよう!

\安価に楽しみたいならこれ!/

NEEWER
¥6,049 (2024/06/22 19:27時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
目次