\ ポイント最大11倍! /

【レビュー】GODOXのV860Ⅲを使ってみた感想!V1やTT685Ⅱとの違いも紹介!

この記事では、GODOXのストロボ『V860Ⅲ』を実際に購入して使ってみた感想を紹介しています。

悩む人

・ハイスペックなV860Ⅲが気になるけどどうなの?
・実際の使い勝手はどうなの?
・GODOXの他ストロボ(V1やTT685Ⅱ)との違いは?

…こんな悩みを解決できる記事になっています!

V860Ⅲはこんな人におすすめ!
  • 2本目以降のGODOXのストロボを探している人!
  • とにかく安くGODOXのストロボが欲しい人!
  • マニュアルで発光量を調整できる玄人!

・専用充電池でリサイクルタイムが短い!
・モデリングライトが便利で使いやすい!
・専用充電池の取り扱いが楽ちん!
・液晶が大きくマスターとして使いやすい
・クイックリリースロックが快適!

・充電池に電源端子がむき出し
・アクセサリーをつけるにはアダプターが必要

V860Ⅲは現状GODOXのクリップオンストロボの中でも上位機種であり、文句のない性能の王道のクリップオンストロボなので、予算が十分にあってストレスフリーにストロボを使いたい人に特におすすめです。

専用充電池採用でリサイクルタイムが短かったり、前面についたモデリングライトが便利だったり、かなり満足度の高い一本となっています!

まーとん

GODOXのストロボを一通り使った結果、私のメインストロボはV860Ⅲに落ち着きました!とっても使いやすいです^^

\今回紹介している製品はこちら!/

この記事を書いた人
  • カメラ歴11年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

V860Ⅲの外観紹介

それでは、開封の様子からVを紹介していきます。

開封の様子

まずは外箱です。GODOXのストロボにしてはかなり大きい箱です。

GODOXストロボにしては大きい箱

GODOXの一般的なストロボであるTT685Ⅱと比較すると、倍以上の大きさがあります。

一般的なストロボの倍以上の箱サイズ

箱をぱかっと開けると、こんな感じでストロボと付属品が入っています。

箱のフタを開けた様子

黒いプラスチックの仕切りのついたしっかりとした箱となっています。
さすがGODOXの中でも上位機種といった感じです。

付属品一覧

付属品を並べてみました。

付属品一覧

V860Ⅲは専用の充電池対応なので、充電器が付属しているのが特徴的です。

V860Ⅲ本体の様子

形は王道のストロボ

V860Ⅲの形状は、王道のストロボの形です。

形は王道のストロボ

四角い発光部に王道の形状をしています。

V860Ⅲの電池込の重量は527gでした。

\重量の違い/

V860Ⅲの重量
V1の重量
TT685Ⅱの重量

購入に迷うGODOXの他のストロボ(V1、TT685Ⅱ)と重量を比較しましたが、ちょうど中程度の重さになります。

ストロボ前面部についてモデリングライトが特長!

V860Ⅲの大きな特長は、前面部についたモデリングライトです!

前面についたモデリングライトが光ります

暗い場面の撮影でAFが合いにくかったりするときにも、かなり便利です。

専用充電池に対応

V860Ⅲのもう一つの大きな特長が、専用の充電池に対応していること。

充電池の取付部にカバーはなく、穴が貫通しているユニークな形状です。

充電池の用の穴が貫通している

サイドから専用充電池を差し込んで使用します。

横から電池を差し込む

電池の取り外しは、サイドに付いているボタンを押しながら、電池をスライドさせます。

ボタンを押しながら電池を押して抜き出す

つくりはしっかりしており、ボタンを押しただけで電池が抜けてしまうことはなさそうです。
もしろ私が手にした個体はやや電池を入れるのがきついくらいでした。

カメラとの接続部はプラスチック製

カメラとの接点は、プラスチックを採用しています。

カメラとの接続部はプラスチック製

GODOXの最上位機種であるV1はより頑丈な金属製を採用しており、ここは差が出ています。

【参考】V1で採用されている金属製の接続部

シンプルな充電器

V860Ⅲにはシンプルな充電器が付属しており、USB-Cケーブルで接続します。

シンプルな充電器、USB-C対応

LEDライトが一つだけ付いており、充電が完了すると赤→緑に変わります。

充電中
充電完了

ただ、USBケーブルをさすだけでLEDが緑色に点灯するため、うまく電池をさせていないのか、充電が完了しているかの区別はつきにくいので注意が必要です。

ケーブルをさすだけで緑色に点灯

高級感のあるストロボケース

さすがの上位機種なだけあって、他のGODOXのストロボTT600やTT685Ⅱより高級感のあるストロボケースを採用しています。

ロゴ入りの高級感あるストロボケース

TT600やTT685Ⅱについてくる一般的なケースと比べるとこんな感じ。

← V860Ⅲ | TT600/TT685Ⅱ →

他のGODOXストロボケースとの比較

一般的なペラッペラの生地と比較して、裏地の付いたしっかりとしたつくりです。

← V860Ⅲ | TT600/TT685Ⅱ →

裏地のオレンジ色が特徴的

中もふかふかで衝撃やキズにもやさしそうです。

ふわふわな裏地

一方で、他のストロボケースにはある「ストロボ座を入れるポケット」が付いていないので、別途ストロボ座を保管する必要があります。ポケットは欲しかったですね。。

ストロボ座を入れるポケットはない

V860Ⅲを実際に使ってみた感想

ここからは、実際にV860Ⅲを使ってみた感想を紹介していきます。
まとめるとこんな感じです。

V860Ⅲはこんな人におすすめ!
  • 2本目以降のGODOXのストロボを探している人!
  • とにかく安くGODOXのストロボが欲しい人!
  • マニュアルで発光量を調整できる玄人!

・専用充電池でリサイクルタイムが短い!
・モデリングライトが便利で使いやすい!
・専用充電池の取り扱いが楽ちん!
・液晶が大きくマスターとして使いやすい
・クイックリリースロックが快適!

・充電池に電源端子がむき出し
・アクセサリーをつけるにはアダプターが必要

専用充電池でリサイクルタイムが短い!

専用充電池に対応

V1に大きなメリットを感じたのは、さすが専用充電池を採用しているだけあり、リサイクルタイムが短くさくさく撮影できます。

フル発光したときのリサイクルタイムをGODOXのTT685Ⅱ(単三電池4本使用)と比較した結果がこちら。

\リサイクルタイムの違い/

V860Ⅲ(専用充電池)
TT685Ⅱ(単三電池)

リサイクルタイムをストップウォッチで計るのは難しかったですが、何回やってもだいたいこんな感じで、約1秒くらいV860Ⅲのほうがリサイクルタイムが速いです。

「たかが一秒くらい。。」と感じますが、撮影してるとこの差は大きく、圧倒的にストレスフリーです。

ちなみに、上記結果はフル発光の結果で発光量を落とせばリサイクルタイムはもっと速くなるわけで、V860Ⅲはさくさく撮影が進みます。

まーとん

専用充電池対応のストロボを一度使ってしまうと、もう乾電池には戻れません!
これだけでも買う価値ありますよー!

モデリングライトが便利で使いやすい!

V860Ⅲの特長として、ストロボの前面部にモデリングライトが搭載されていますが、この位置が私はお気に入りです。

前面部にモデリングライト搭載!

前面部にあることで、オンカメラで必ずカメラを向けた方にモデリングライトが向き、直射しようが天井バウンスしようがモデリングライトが被写体を照らしてくれるため、暗い場面のAF精度が圧倒的に向上します。

GODOXのストロボの最上位機種であるV1はモデリングライトが発光部にあり、ストロボの光の広がりを見るにはいいですが、AF補助に使う場合はV860Ⅲが圧倒的に便利です!

V860Ⅲは前面部
V1は発光部

ちなみに、発光方法はとっても簡単で、使いたいときにすぐに使うことができるのもよいです。

①電球ボタンを押して
②SETボタンで発光開始
③光量は10段階調整可能
まーとん

暗い場面でのAFでかなり重宝します。

専用充電池は取り扱いが楽ちん!

一般的なストロボの場合、単三電池を4本とか2本使いますが、経済的な充電池を使っている人も多いはず。
複数本の電池の取り扱いって、バラバラしてめんどくさく感じてました。。

一方で、専用充電池対応のV860Ⅲなら充電池はひとつでいいので、バラつかなく扱いやすいです。

これ一本でOK!
電池が複数本でばらつく。。
充電も楽ちん!
充電がめんどくさい。。
まーとん

充電したおいた電池をさっとつかんでさっと取り付けられるので、一度専用充電池を使うと単三電池には戻れませんよー^^

液晶が大きくマスターとして使いやすい

V860Ⅲの液晶画面は大きく、多灯ライティング時のマスター(親機)としても優秀です。

\GODOXストロボの液晶画面の大きさ比較!/

V860Ⅲ
TT600
TT600
TT350

液晶画面が大きいので、一度に表示できる情報量がV860Ⅲは圧倒的に多いです。

だから、ラジオスレーブをするときのマスター(親機)としてかなり優秀です。

自分(Mグループ)を含め、A〜Cの合計4つのグループの設定をまとめて一画面に表示できるし、ワンタッチで各グループの設定ができるし、圧倒的にらくちんです。

\V860Ⅲの操作画面の例/

4グループの設定が一画面で確認可能!

参考として、下位機種のTT600をマスター(親機)として使用したときの画面も下に紹介します。
グループの設定状況は一つずつしか表示できず、ボタンの長押しなどをフル活用して設定する必要があります。

\TT600の操作画面の例/

表示できるのは1グループずつ

クイックリリースロックが快適!

V860Ⅲは、カメラの取付方式として『クイックリリースロック方式』を採用しています。

クイックリリースロックなら、ロックボタンを押しながら約120°回すだけで脱着が可能です。
これがとっても便利で、一度使ったら戻れなくなるレベル。

\脱着楽々なクイックリリースロック(V860Ⅲ)/

クイックリリースロックは脱着がらくちん!

一方で、下位機種のTT600などで採用されているネジ式ロックの場合、カメラに取り付ける際にネジをくるくる回す必要があります。
ネジ式は、取付けに時間がかかるし、使っていくとネジ部分が壊れやすかったりするんですよね。

\脱着が面倒なネジ式ロック(TT600)/

ネジ式ロックだと取り付けに時間がかかる
まーとん

クイックリリースロック、ホントに楽です!脱着の手間が圧倒的に減ります。一度使ったら戻れないやつです。

充電時に電源端子がむき出し

気になったのは、電池収納部にカバーがないこと。

ユニークなつくりではあるんだけど、電源端子がむき出しで電池充電中は端子がでっぱなしになってしまいます。

むき出しの電源端子
まーとん

別に問題はないんだろうけど、精神衛生上あまりよくないですよね。。

モード切替スイッチの使いどころは『?』

V860Ⅲの他のGODOXのストロボにない機能として、モード切替スイッチがあります。
ストロボ側面のスイッチを切り替えることで、TTLモードとマニュアル発光モードを簡単に切り替えることができます。

側面にモード切替スイッチつき

確かに液晶画面を見ずに切り替えできるのは楽かもしれませんが、モード切替は液晶画面下のボタンでも簡単に切り替えることができます。

正面ボタンでモード切替は簡単にできる

私が使う場面では、モード切替スイッチのメリットはまったくわかりませんでした。。たぶんこの先も使うことはない気がします。。

まーとん

モード切替スイッチはV860Ⅲ唯一の機能だけど、メリットは弱い?
スイッチを使いこなせるなら、ここをポイントに選んでもいいかも。

アクセサリーをつけるにはアダプターが必要

V860Ⅲにアクセサリーを付けるには、アクセサリーの他に専用のラウンドアダプターが必要になります。

GODOX
¥7,670 (2023/11/02 20:02時点 | Amazon調べ)

一方で、最上位機種のV1なら、ラウンドアダプターなしに様々なアクセサリーを取付可能です。

【参考】V1ならラウンドアダプター不要!
まーとん

アクセサリーを使う機会が多いならV1を選ぶのもあり!

気になるGODOX V860Ⅲの口コミは?

ここでは、気になる口コミをAmazonなどのショッピングサイトから引用して紹介します!

まーとん

僕が実際に購入する際に参考にした意見を中心に紹介していきます!

いい口コミ

  • バッテリー式なので乾電池よりパワフル、仕事でクリップオンで使用中
  • バッテリーのおかげで連続撮影が可能で光量落ちも気にならない
  • 申し分ない性能でもう純正には戻れない
  • V1より小型で持ち運びに向いている

バッテリー式なので、連続撮影や光量落ちなく快適に撮影できている、という口コミが目立ちます。

悪い口コミ

  • 接点がプラスチック製で耐久性がいまいち
  • 数回で光らなくなった、初期不良だった
  • 3回に1回は光らず、仕事では使えないレベル

初期不良があった、という口コミを見かけましたが、性能面で悪い評判はほぼ見当たらず、プロの人が仕事では使えない、という口コミが少しあったくらいです。

まーとん

初期不良は交換すればいいし、プロで心配な人はSONY純正のストロボや高級メーカーを検討しましょう!

他のGODOXのストロボとの比較!

最後に、他のGODOXのストロボのスペックの違いを下記にまとめました!

GODOXのクリップオンストロボを一覧比較!

無線の設定など細かなスペックは載せていませんが、大雑把に各製品の立ち位置はつかめるはず。
ぜひ参考にしてみてくださいー^^

\GODOXのクリップオンストロボ一覧/

スクロールできます
製品名参考
価格
発光量
(GN)
バッテリーTTLフル発光
回数
リサイクルタイム
(フル発光)
TT520Ⅱ
5899
33単三
4本
1000
0.1〜5秒
TT350
TT350S
11350
36単三
2本
210
0.1〜2.2
V350
V350S
25000
36専用
充電池
500
0.1〜1.7
TT600
TT650
8400
60単三
4本
230
0.1〜2.6
TT685
TT685S
14000
60単三
4本
230
0.1〜2.0
TT685Ⅱ
18580
60単三
4本
230
0.1〜2.6
V850Ⅱ
V850Ⅱ
17850
60専用
充電池
650
0.1〜1.5
V860Ⅱ
V860Ⅱ
23100
60専用
充電池
650
0.1〜1.5
V860Ⅲ
V860Ⅲ
31350
60専用
充電池
480
0.1〜1.5
V1
V1
34650
76
Ws
専用
充電池
480
0.1〜1.5
※画像出典:amazon.co.jp

\GODOXのクリップオンストロボ一覧/

スクロールできます
製品名参考
価格
発光量
(GN)
バッテリーTTLフル発光
回数
リサイクルタイム
(フル発光)
TT520Ⅱ
5899
33単三
4本
1000
0.1〜5秒
TT350
TT350S
11350
36単三
2本
210
0.1〜2.2
V350
V350S
25000
36専用
充電池
500
0.1〜1.7
TT600
TT650
8400
60単三
4本
230
0.1〜2.6
TT685
TT685S
14000
60単三
4本
230
0.1〜2.0
TT685Ⅱ
18580
60単三
4本
230
0.1〜2.6
V850Ⅱ
V850Ⅱ
17850
60専用
充電池
650
0.1〜1.5
V860Ⅱ
V860Ⅱ
23100
60専用
充電池
650
0.1〜1.5
V860Ⅲ
V860Ⅲ
31350
60専用
充電池
480
0.1〜1.5
V1
V1
34650
76
Ws
専用
充電池
480
0.1〜1.5
※画像出典:amazon.co.jp

V1、V860Ⅲ、TT685Ⅱの違いは?

ここで、GODOXのストロボでどれを買おうか必ず迷うV1、V860Ⅱ、TT685Ⅱのスペックを比較します。

V1
V1
V860Ⅲ
V860Ⅲ
TT685Ⅱ
参考価格34650円30350円17850円
重量530g530g500g
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
リチウムイオン
バッテリー
単三
4本
発光量
(GN)
76Ms
(≒60)
76Ms
(≒60)
60
フル発光
回数
480
480
230
リサイクル
タイム
0.1~1.5
0.1〜1.5
0.1〜2.6
モデリング
ライト
2W
(発光部)
2W
(前方部)
照射角28-105mm20-200mm20-200mm
モード切替
スイッチ
アクセサリ
装着
要アダプター要アダプター
ロック
方式
クイック
リリース
クイック
リリース
クイック
リリース
制御可能
グループ
ABCD
(MABC)
ABCD
(MABC)
ABCD
(MABC)
選択可能
グループ
5
(ABCDE)
5
(ABCDE)
5
(ABCDE)
チャンネル
323232
バウンス
角度
水平:0-330°
垂直:-7-120°
水平:0-330°
垂直:-7-120°
水平:0-330°
垂直:-7-120°
画像出典:amazon.co.jp

結論:王道のクリップオンストロボで間違いない性能!

V860Ⅲを実際に使ってみた感想を紹介してきましたが、GODOXのクリップオンストロボの中でも上位機種だけあり、文句ない性能を持った王道の一本です。

\V860Ⅲを実際使った感想/

・専用充電池でリサイクルタイムが短い!
・モデリングライトが便利で使いやすい!
・専用充電池の取り扱いが楽ちん!
・液晶が大きくマスターとして使いやすい
・クイックリリースロックが快適!

・充電池に電源端子がむき出し
・アクセサリーをつけるにはアダプターが必要

私のお気に入りポイントは、『とにかくリサイクルタイムが速くて、さくさく撮影できること。』

専用充電池対応でリサイクルタイムが短い

これまでは、乾電池対応のTT685ⅡやTT600を使ってきましたが、リサイクルタイムが遅くてシャッターチャンスを逃すことが多々あり、ストレスを感じていました。
一方で、V860Ⅲのリサイクルタイムはとにかく速く、ストロボのスタンバイを待つストレスは大幅に軽減しました。

また、モデリングライトが前面部についているため、暗い場面でAF精度向上に効果抜群です。

前面のモデリングライトが便利!

予算があるならこれを買っておけばまず間違いないです。

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのストロボの売れ筋ランキングをまとめます!
ぜひご参考にどうぞ!

これまでに各メーカーのクリップオンストロボ一覧をまとめています。

\これまでにまとめたストロボメーカー!/

各メーカー別ストロボ一覧

SONY用CANON用Nikon用
OLYMPUS用PENTAX用富士フイルム用
GODOXNEEWERNissin
Yongnuo

これまでに以下の製品についてレビュー記事を執筆しています。ご参考にどうぞ!

\これまでに執筆したレビュー記事!/

レビューした撮影用照明関連製品

HVL-F60RM2
ストロボ
(SONY)
V1
ストロボ
(GODOX)
V860Ⅲ
ストロボ
(GODOX)
TT685Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
TT350
ストロボ
(GODOX)
TT600
ストロボ
(GODOX)
TT520Ⅱ
ストロボ
(GODOX)
SL60W
LEDビデオライト
(GODOX)
MS300
モノブロックストロボ
(GODOX)
XPro
フラッシュトリガー
(GODOX)
X2T
フラッシュトリガー
(GODOX)
TT560
ストロボ
(Neewer)
NW635Ⅱ
ストロボ
(NEEWER)
NL-660
パネルライト
(NEEWER)
ソフトボックス
(NEEWER)
ソフトボックス
(Ayutong)
Amaran 60dS
LEDビデオライト
(Aputure)
よかったらシェアしてね!
目次