\ 最大8%ポイントアップ! /

【レビュー】Leofoto(レオフォト)のカーボン三脚LY-224C+LH-25Rを実際に使った感想!Mr.Yシリーズのコンパクト三脚!

この記事では、Leofoto(レオフォト)のMr.Yシリーズのカーボン三脚「Mr.Y LY-224C+LH-25R(BK)」を実際に使ってみた感想を紹介しています。

悩む人

・LeofotoのMr.Yシリーズが気になる。。
・LY-224Cの実際の使い勝手はどうなの?
・高い買い物だから失敗したくない!

…こんな悩みを解決できる記事になっています!

実際に使ってみた感想をまとめるとこんな感じです。

\実際に使った感想まとめ!/

leofoto
¥36,000 (2024/04/20 06:51時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る
LY-224C+LH-25Rはこんな人におすすめ!
  • 比較的安価にLeofotoの三脚が欲しい人!
  • 持ち運びしやすい三脚が欲しい人!
  • コンパクトなカメラ用に三脚を探してる人!

\LY-224C+LH-25Rを実際に使った感想!/

・Leofotoを所有する満足感!
・コンパクトで持ち運びしやすい!
・作りがしっかりで高機能!

・フルサイズ向けには安定性が不十分
・コスパはよくない

この記事を書いた人
  • カメラ歴11年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

Leofoto(レオフォト)のLY-224C+LH-25Rを実際に使った感想!

それでは、さっそく実際に使った感想を紹介していきます!

Leofotoを所有する満足感!

Leofotoは三脚の中では高級メーカーの位置づけになり、価格はかなり高いのが特長です。
今回紹介しているLY-224CはLeofotoの三脚ラインナップの中では比較的安価ですが、しっかりLeofotoを所有する満足感を得ることができます^^

所有欲を満たせる!かっこいい!

脚の素材はもちろんカーボン製で、カーボン特有の模様もかっこよく肌触りも気持ちいいです^^

カーボン特有の模様もかっこいい!

三脚ケースもロゴ入りでかっこよくスタイリッシュで、持ち運ぶのもワクワクします^^

ケースもロゴ入りでかっこいい!

一方で後述しますが、同じスペックでメーカーを選ばなければもっと安く三脚を購入することはいくらでもできます。笑
ブランド価格がのっていることは意識するといいでしょう!

まーとん

Leofotoの三脚はテンションが上ります^^
これだけで買う価値はあります。笑

コンパクトで持ち運びしやすい!

今回紹介しているLY-224C+LH-25Rは、Leofotoの中でも「Mr.Y」という持ち運びに優れたシリーズになります!

大きな特長は三角柱の形をしたセンターポールです。

大きな特長は三角柱のセンターポール!

脚とぴったり密着するので折りたたんだときのかなりコンパクトになります!
愛用しているSmallrigの三脚と比較しましたが、ひと目で分かるコンパクトさ!!

\一般的な三脚との比較!/

LY-224C
一般的な三脚
上:一般的な三脚、下:LY-224C

一方で、上のように脚を180°折りたたむことはできないので、たたんだときの長さはやや長くなるので注意が必要です

作りがしっかりで高機能!

さすがのLeofoto製なだけあり、作りはしっかりで安定感はあるし、高機能で使いやすいです。

脚ロックはツイストロック式

脚のロックはメンテナンスがしやすいツイストロック式を採用しています。

脚はツイストロック式!

もちろんガタツキはなく、安定感はしっかりです!

脚角度は4段階で調整可能!

開脚角度の調整は、根本のつまみを引き上げます。

脚根本のつまみを引き上げて開脚調整!

折りたたみも含めて4段階で角度は調整できます!
つまみはバネ式になっており、操作性はいいですよー。

\開脚角度は4段階で調整可能!/

センターポールはレバーロック式で使いやすい!

センターポールはレバーロック式で、かなりスピーディーに調整できて使いやすいです。

レバー式のセンターポール
素早く調整可能!

外せるセンターポールが便利!

センターポールは簡単に取り外しが可能で、逆付けできるので超ローポジション撮影にも対応しています!

取り外し可能なセンターポール
逆付け可能!

また、短いセンターポールも付属しており、最大開脚時にかなり低い位置から撮影が可能になります!

2種類の長さのセンターポール付き!
長いセンターポール使用時
短いセンターポール使用時

便利な専用工具付き!

三脚ケースには小さいポケットが付いており、専用工具を収納することができます!

ケースには小さなポケット付き!

専用工具は、三脚の調整に便利なドライバーや六角レンチとして使えるモノ!かなり便利でよく考えているなー。と関心させられます。

便利が詰まった専用工具!
六角レンチなど調整に便利!

また、拡張性もしっかりで側面にはアダプター接続用の1/4ネジもあり!

拡張しやすい1/4ネジあり!

フルサイズ向けには安定性が不十分

フルサイズのような大きいカメラ機材を使用するにはやや安定性が不足する印象です。

推奨耐荷重は6kgで、高級三脚の中では耐荷重が小さい方です。
最大脚径は22mmとやはりこの価格帯の三脚の中では細く、安定性に劣ります。

最大脚径22mmで細め


付属する自由雲台LH-25Rのボール径は25mmとこちらも価格の割には小さく、安定性は劣ります。

付属雲台のボール径も25mmと小さい
まーとん

手持ちのSONY α7ⅢとSIGMA 24-70mm F2.8 Artの組み合わせでは、やや固定が甘くグラつきました。
コンパクトなカメラと相性が良さそうです。

コスパはよくない

Leofotoというブランドの三脚だけあって、INNORELやARTCISE、SmallrigやNEEWERなどの中華系メーカーに比べると価格はかなり高いです。

今回紹介するLY-224C+LH-25Rのスペック(脚径:22mm、雲台ボール径:25mm、耐荷重6kg)より安定性が高くハイスペックなカーボン三脚が、他メーカーなら余裕で買えてしまいます。

\コスパ良好メーカーの三脚例!/

ARTCISE
¥26,800 (2024/04/15 09:13時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る
SMALLRIG
¥21,900 (2024/04/14 18:37時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る

また、他のLeofotoの三脚はこちらの記事にまとめているので、ご参考にどうぞ^^

これまでに以下のメーカーについて三脚製品を一覧にして比較しています。ご参考にどうぞ!

\一覧比較した三脚メーカー!/

各メーカー別三脚一覧

LeofotoGitzoManfrotto
BENROVelbonVANGUARD
SmallrigARTCISEINNOREL
Ulanzi選ぶポイント

\これまでにレビューした三脚関連製品!/

レビュー記事まとめ

トラベル三脚
Element

(Manfrotto)
カーボン三脚
ID:4059
(Smallrig)
クイックシュー
DC-38Q
(MENGS)
カーボン三脚
ZERO F38
(Ulanzi)
カーボン三脚
ZERO Y
(Ulanzi)
カーボン三脚
LY-224C+LH-25R
(Leofoto)
自由雲台
V44
(INNOREL)

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングをまとめておきます!
ぜひご参考にどうぞ!

最後に

以上、Leofoto(レオフォト)のMr.Yシリーズのカーボン三脚「Mr.Y LY-224C+LH-25R(BK)」を実際に使ってみた感想を紹介してきました。

実際に使ってみた感想をまとめるとこんな感じです。

\実際に使った感想まとめ!/

leofoto
¥36,000 (2024/04/20 06:51時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonの価格を見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場の価格を見る
LY-224C+LH-25Rはこんな人におすすめ!
  • 比較的安価にLeofotoの三脚が欲しい人!
  • 持ち運びしやすい三脚が欲しい人!
  • コンパクトなカメラ用に三脚を探してる人!

\LY-224C+LH-25Rを実際に使った感想!/

・Leofotoを所有する満足感!
・コンパクトで持ち運びしやすい!
・作りがしっかりで高機能!

・フルサイズ向けには安定性が不十分
・コスパはよくない

安価で持ち運びやすいLeofotoの三脚を見つけている人におすすめの一本でした!
Leofotoの三脚は高いので、持っているだけで所有欲を満たしてくれる、というのが大きく感じました。
上述のように、同じスペックの安価な三脚はたくさんあるので、コスパのいい三脚を選びたい人は、他の中華系メーカーの三脚を選ぶと幸せになれるでしょう!

よかったらシェアしてね!
目次