Instagramに投稿した写真のポイントを公開中!インスタログはこちらから!

家族写真は構図が重要!自分で集合写真を撮る5つのポイント!

悩む人
悩む人

・家族みんなで写真を撮りたいけど、どう撮ったらいい写真になるの?
・集合写真を撮るとき、カメラの設定はどうしたらいいの?

そんなあなたにいい家族写真を撮るための5つのコツをわかりやすくまとめました!

この記事でわかること
  1. 家族写真を撮るタイミングは?
  2. 家族写真におすすめの構図は?
  3. いい家族写真を撮るための5つのポイント!

みなさん、家族そろって写真を撮る機会はありますか?なかなか照れ臭い家庭も多いかと思いますが、家族みんなで一枚の写真に収まるってとってもいいものですよ〜^^

私自身がたくさん家族写真を撮るので、その経験から得たコツをわかりやすく紹介します!

そもそも家族集合写真を撮るタイミングは?

我が家で集合写真を撮るタイミングは、ざっとこれくらいあります。

家族写真を撮るタイミング
  1. 家族誰かの誕生日
  2. 節分,ひな祭り,こどもの日,クリスマス などのイベント
  3. 実家に帰っておじいちゃんおばあちゃんと一緒に …などなど。

我が家はこんな感じで何かにつけて集合写真を撮っているので、一年で20枚以上は撮っているんじゃないでしょうか?ほぼ撮らない家庭と比べると、目に見える思い出の数は大きく違ってきます。
家族写真1

家族集合写真を撮るための5つのポイント!構図が重要!

「家族写真なんて、ただ家族並んでとればいいんでしょ?」と思うかもしれませんが、コツを知っていると知らないとでは撮れる写真は大きく変わっています。

今回は、たくさん家族集合写真を撮っている私が実際に撮る上で注意しているポイントを中心に、家族写真を撮るコツを紹介します!

ポイント1:構図(フレーミング)に注意する

いざ、集合写真を撮るとこんな写真になっていませんか?

やりがちな写真1:人しか写っていない

失敗写真1

…よくありますよね?はっきり言ってこんな写真はどこでも撮れてしまいます。せっかく観光に来たとしても、背景に何があるかこれではよくわかりませんね。もったいない!!!

やりがちな写真2:人が小さすぎる

失敗写真2

…これもよくやりませんか?これだとせっかく笑っているのに表情が全く写っていません。

有名な観光スポットで写真を撮ろうと思うと、撮りたいものと並んで撮ろうと思う気持ちは非常によく分かります。しかし、せっかく楽しそうな表情をしていても、これでは読み取れませんね。

…ただし、上の写真のように観光スポットの大きさを表現したい場合は、これもありかと思います。こういうショット『も』撮っておくといいかもしれませんね^^b あくまで、『も』です。ただ、これだけだとちょっと物足りないですよね。

ベストなフレーミング

例えば、こんな感じのフレーミングはいかがでしょうか?

ベストショット

家族の表情もしっかり写るし、背景には観光地がしっかり記録されています。ポイントは、撮りたいものと並ばずにカメラ側に大きく近づくこと。撮りたいスポットの大きさも考えて、ちょうどいいポイントを探してみましょう^^

実践するとこんな感じです!家族のいい表情に、桜に観覧車に青空!!いろんな素敵なものを一枚の写真に詰め込んでみました^^

ベストショット

まーとん
まーとん

この写真も実はカメラにかなり近いところに立って撮っています!通りかかった人は、「なぜここで写真?」と思っていたかも。笑 …いいんです、ここがベストなんです^^

ポイント2:前後に並ばない!

背景も写すことを考えると、人はコンパクトに並びたいところですが、可能な限り前後に並ばない方がベターです。…というのも、ピントが合いにくくなるからです。

本格的なカメラを使うとボケを出しやすいのが魅力ですが、前後に並んだ人も例外ではありません。カメラとの距離に応じてボケが発生します。だから、できるだけ人物とカメラの距離を合わせるように意識しましょう^^b

どうしても前後に並ぶ必要がある場合は、F値を8〜11程度に設定します。そうすると、ピントは合いやすくなるでしょう!

一方で、暗い室内で撮る場合にはシャッタースピードが遅くなるので、今度はぶれが出やすくなります。このF値とシャッタースピードの調節が非常に難しい。。ここは、たくさん撮って慣れるしかないです!たくさん撮って練習しましょう^^b

ポイント3:三脚を使う!

ポイント1と2を押さえて、ベストなフレーミングを考えたとします。そこで他人にシャッターを切るのをお願いしたら、考えた通りの写真が撮れるでしょうか?…絶対に無理ですよね?普通に他人に任せると、前述したやりがちな写真が間違いなく量産されます。断言します!!

…そこで登場するのが『三脚』です。家族写真を撮るつもりがあるなら、一本は持っておきましょう。私も3000円くらいの三脚を長いこと愛用していますが、よっぽど凝った写真をとる必要がなければ、これで事足りてしまいます。

三脚を使って、自分がベストと思うフレーミングでカメラをセットしましょう!これだけで、素敵な写真が撮れる確率はぐぐっと上がります^^

桜の前でベストショット

他人にお願いして、こんな感じ(↑)でいろいろ詰め込んでシャッターを切ってくれる人はまずいないでしょう。

注意点ですが、観光地には三脚を立ててはいけない場所がたくさん存在します。また、人通りが多かったり、明らかに他人に邪魔な場所で三脚を立てるのは絶対にやめましょう!!マナー、モラルはしっかり守って撮影を楽しみましょう^^b

ポイント4:リモートレリーズを使う!

さて、満足のいくポイントで三脚を立てた後、セルフタイマーモードにして、『シャッターを押す→急いで走る→写真に収まる』的な古典的なやつをやってもいいですが、子供がいたりするとたくさんシャッターを切らないといい写真は撮れないもの。何回も走るのは辛すぎますよね。。そんなときに役に立つのが『リモートレリーズ』です。

『リモートレリーズ』とは、遠隔でシャッターが切れるアイテムのことです。これがあれば、走らずにゆっくりと繰り返し写真が撮れるので、いい写真が撮れる確率は格段に上がります。

カメラメーカーに合わせたレリーズを選んで購入しましょう。有線のものより、無線のものが断然オススメです^^b 例えば、Canonであればこんなのがあります。

最近のカメラは、Wifiでスマホと繋がる機能が付いている機種が多いですね。こういったものは、スマホでシャッターが切れる場合があるので、積極的に利用しましょう!

私のカメラもWifi対応で、スマホで現在写っている画を確認しながらシャッターが切れます。非常に重宝しています。カメラを選ぶ際の一つのポイントにしてもいいかもしれませんね^^b

ポイント5:子供にカメラ目線を求めない!

これも非常に重要なポイントです!!

私もはじめはいい写真を撮りたいばかりに、子供がカメラ目線になるまで何度も何度も撮り直しをしたり、イライラしてしまったりしましたが、『撮影に時間がかかること』と『親が怒ること』は子供にとっては完全に逆効果です。

そもそも、誰も構えていないカメラに微笑むことのできる子供なんているでしょうか?…そうなんです、普通子供はただのカメラには微笑まないんです。三脚を立てている以上、なんの工夫もなしにみんな笑顔の集合写真を撮ることは諦めましょう!

きっと「あの頃はカメラ嫌いで全然カメラ見てくれなかったなぁ」なんて思い出になってくれるはず^^ある程度で割り切って、ささっと撮影を済ませることも非常に大切です^^b

※ちなみに、うちの娘はたくさん写真を撮ったおかげでカメラに慣れ、三脚に付けられたカメラにも最高の笑顔を振りまくことができるようになりました^^笑 慣れって重要ですよ~!

おまけ:そうは言っても、子供の笑顔を狙ってみる!

子供に多くを求めないのが大前提ですが、子供の笑顔を引き出すコツはいくつかあります。

ささやかな抵抗1:カメラの上におもちゃを置く

何度も通用する方法ではありませんが、三脚に付けたカメラの上にぬいぐるみなど、気が引けそうなものをおきます。カメラに工夫をして、子供のカメラ目線を狙ってみましょう!!

…いろいろ工夫をするほど、うまくいかないときにショックが大きくイライラしやすいですが、何度も言いますが、割り切りが重要です。…自戒の念を込めて。苦笑

ささやかな抵抗2:お話しながら撮る!!

これも重要です!「カメラの方を向いて~!!」とか言っても向くはずがないので、子供が笑うような楽しいお話をしながら写真を撮ってみると、子供の笑顔が撮れる確率は上がります!いつもと違ったポーズをみんなでしてみるのもありです。

例えばこれは、富良野のファームでの一枚ですが、みんなで開放的なポーズをしたところ最高の笑顔がこぼれました^^大成功でした!!…モザイクですけど、イラストと同じような顔です。笑

ベストショット

子供のいい写真を撮るコツについてはこちらでもまとめているので、ぜひ併せて読んでみてくださいね!

一眼でもスマホでも!印象的な子供のいい写真を撮る4つのポイント!
こんにちは。まーとんです。今回は、子供のいい写真を撮るために大事な4つのポイントをまとめてみました!このポイントを押さえればいい写真を撮れる確率が上がるので、おススメですよ~!!

本格的なカメラってとにかく値段が高いのがネックですよね^^;

普段はスマホでいいけど、子供の行事や七五三など、特別な日にだけいい写真を撮りたいなぁと思っているそこのあなた!!いいカメラはレンタルがお得だったりします。

私もカメラの買い替えを考えたときに利用したことがあるので、こちらのサービスも選択の一つとして持っておくと幸せになれますよ^^

カメラや家電はレンタルがおすすめ!カメラをRentio(レンティオ)でレンタルしたら簡単便利で快適だった! 
子供の運動会に合わせてずっと気になっていたカメラをRentio(レンティオ)でレンタルしてみたので紹介します。想像していたより簡単便利でヘビロテしてしまいそうです!

まとめ

今回は、私が家族写真を撮ってきた中で考えた『いい家族集合写真を撮るための5つのポイント』を紹介してみました!このポイントを押さえるだけでも、いい写真が撮れる確率はぐっと上がるので、ぜひ実践してみてください^^

自分の中では、なんとなく本格的なカメラを想定して書きましたが、もちろんスマホの場合でもなんらポイントは変わりません!!フレーミングのところなんかは、自撮り棒で撮るときにも応用がききますよね^^b

まず、家族写真が少ないご家庭は、これを機会にたくさん家族写真を残してみましょう!!いい思い出になること間違いなしですよ~^^b

↓にほんブログ村に登録してみました!クリックでぜひ応援お願いします^^

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

今回も長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました^^

この記事を書いた人
まーとん

6歳の息子と4歳の娘の二児のパパ。
カメラ歴7年の子どもと風景ばかり撮っている趣味カメラマン。
カメラをはじめてから学んだ写真のコツをできる限りわかりやすく発信しています。
カメラ遍歴:
 ①OLYMPUS PEN Mini E-PM2
 ②Canon EOS70D
 ③Canon EOS6DMarkⅡ

Follow Me!
写真のコツ
Follow Me!
カメラと子供とおでかけ

コメント