このブログの写真はこちらから購入できます!

滝や渓流の撮影方法!水の流れを上手に撮る3つのポイント

悩む人
悩む人

・滝や渓流の流れをなめらかに撮影したいけど撮影方法がわからない

・どうやったらインスタで見るようなキレイな滝が撮れるの?

そんなあなたにこの記事を書きました!

この記事でわかること
  1. 滝や渓流撮影のポイント
  2. 現像(レタッチ)のポイント
まーとん
まーとん

水の流れが上手に表現できるようになると撮影の幅が大きく広がります!この記事を読んでぜひチャレンジしてみましょう!

滝や渓流撮影のポイント

それではさっそく撮影時のポイントを見ていきましょう!

1つ目:シャッタースピードを遅くする

水の流れを滑らかに写すには、シャッタースピードを遅くする必要があります。具体的には、1/2秒~1秒前後がおすすめです。

 

シャッタースピードを遅くするとどうなるの?

そもそも写真はシャッターが開いているときにレンズから入ってくる光を一枚の写真として記録しています。

水がなめらかになる原理

シャッタースピードを遅くして長い時間シャッターを開いていると、その間に流れた様々な形の水が一枚の写真に記録され、実質『水の流れがブレているような状態』になります。このブレが水を滑らかに見せているのです!

 

シャッタースピードと水の写り方の関係は?

分かりやすいようにシャッタースピードと水の流れの写り方をまとめてみました!

シャッタースピードと水の流れ

まーとん
まーとん

シャッタースピードを遅くすることで、水の流れが滑らかになっていることが分かりますね^^

 

シャッタースピード優先モードで撮影しよう!

シャッタースピードを自由に変更するには、カメラの撮影モードを『シャッタースピード優先』にしましょう! ※撮影モードダイヤルを『Tv』とか『S』とかにします。

まーとん
まーとん

シャッタースピードを1/2~2秒くらいの間に設定し、ISO感度は一番小さい100とか200とかに設定します。

 

2つ目:三脚を立てる

シャッタースピードを遅くして水の流れだけをブレさせるためには、三脚を使用することが必須です!

手持ちで1秒間全く動かずにじっとしていられる人はいませんよね。シャッターが開いている間にカメラ自体が動いてしまうと、写真全体がブレブレになってしまいます。

まーとん
まーとん

『水の流れだけをブレさせる』ために、三脚でカメラを固定しましょう!

三脚を使用する際の注意点を挙げておきます!

三脚を使用する際の注意点
  1. 他の人の通行の邪魔をしない
  2. 三脚禁止の場所で使用しない
  3. レンズの手振れ補正をオフにする

※レンズの手振れ補正をオンのまま使用すると誤作動が起こり、かえってブレてしまいます

 

3つ目:NDフィルターを使用する

写真はシャッターを開けていた間の光を記録すると言いましたが、シャッターを長い時間開けておくと、その間に入ってくる光の量が多すぎてしまい写真全体が明るすぎて真っ白になってしまいます。

そこで登場するのがNDフィルターです。

そもそもNDフィルターとは?

NDフィルターの「ND」とは、Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)の略で、減光フィルターのことを言います。要するに、カメラがレンズから取り込む光の量を減らしてくれるフィルターのことです。実物↓を見れてわかるように、レンズの前玉に取り付けるやや黒みがかったフィルターのことです。

NDフィルター

詳しくはこちらの記事にまとめてあるので、流し読みしてみてください!安く買えるおすすめのNDフィルターを紹介しています。

初めてのNDフィルターにおすすめ!NEEWER NDフィルターレビュー
そんなあなたに、NDフィルターとはなにか?と、格安のNEEWER製のNDフィルターの使い勝手についてまとめました! この記事でわかること NDフィルターとはなにか? Neewerの格安NDフィルターの使用感 ...
撮影のポイント まとめ
  1. シャッタースピードを遅くする
  2. 三脚を立てる
  3. NDフィルターを使う

 

滝や渓流撮影の現像(レタッチ)のポイント

上にまとめた撮影のポイントをおさえて撮影ができたら、現像して写真をしっかり仕上げてあげましょう!ここからは現像のポイントを紹介していきます!

現像の基本手順はこちらで紹介しているので、まずはこちらを読み流してもらうと理解しやすいです。

写真をレタッチするコツ!Lightroomで現像する具体的な手順
Lightroomで写真をレタッチするコツを画像を使って分かりやすくまとめました!調整可能な項目についても詳しく説明したので、写真を思い通りにレタッチしたい方はぜひ読んでみてください!

 

ポイント1:ハイライト・白レベルをマイナス補正

水の流れは明るいため、白っぽくぼんやり写ってしまいがちです。そこで、ハイライトと白レベルをマイナス補正して、水の流れの細かな形を蘇らせましょう!

 

ポイント2:かすみ除去をプラス補正

滝や渓流のある山の中で撮った写真は、霧や水のしぶきの影響でぼんやりしがちです。そこで、かすみ除去をプラス補正してキリッとした写真に戻してあげましょう!

まーとん
まーとん

幻想的なもやもやした雰囲気にしたいときは逆に明瞭度やかすみ除去をマイナス補正するのもありです。

 

ポイント3:自然な彩度をプラス補正

悩む人
悩む人

実際に見た風景と写真に写ったイメージが全然違うんだけど。。

なんていうのはよくあることです。写真の方がくすんで写りがちなので、自然な彩度をプラス補正して、見たまんまの風景を再現してあげましょう!

現像(レタッチ)のポイント まとめ
  1. ハイライト・白レベルをマイナス補正
  2. かすみ除去をプラス補正
  3. 自然な彩度をプラス補正

その他の項目の補正はお好みで!

まーとん
まーとん

この他の項目はお好みで補正してあげましょう!Lightroomならスライドバーをグリグリするだけなので楽ちんです!

 

作例

いくつか作例を紹介します。上のポイントさえ押さえておけば、これくらいの写真なら撮ることができますよ!

滝撮影

渓流撮影

渓流撮影

おしらじの滝

また、この撮影方法を応用すればよく見るレーザービームの写真も撮ることができます。『三脚を立ててシャッタースピードを遅くする』という基本的な考え方は同じです。この場合、NDフィルターはいりません!

 

まとめ

今回は滝や渓流など水の流れをなめらかに撮影するポイントを紹介しました!今回紹介したポイントを押さえてぜひチャレンジしてみてくださいね^^

Lightroomをインストールしていない人は必ず使いましょう!写真のレベルが上がること間違いなしです!!

写真編集ソフトLightroomでできること!思い通りの写真に仕上げよう!
とても便利な写真編集ソフトLightrromでできることをまとめました!現像(レタッチ)や大量の写真の管理など、一度使ったら手放せないほど、写真を撮る上で便利なソフトLightroomの機能を簡単に紹介します!
この記事を書いた人
まーとん

6歳の息子と5歳の娘の二児のパパ。
カメラ歴7年で子どもと風景ばかり撮っている趣味カメラマン。
カメラをはじめてから学んだ写真のコツをできる限りわかりやすく発信しています。
■主な受賞歴
 下野市観光フォトコンテスト
 ニューイヤー駅伝in群馬写真コンテスト
 「那須塩原市の四季」フォトコンテスト
■使用カメラ
 Canon EOS 6D MarkⅡ

Follow Me!
Lightroomの使い方 写真のコツ
Follow Me!
妻にもわかる写真のこと

コメント