Instagramに投稿した写真のポイントを公開中!インスタログはこちらから!

一眼レフを買ったら実践したい写真の撮り方!いい写真を撮る5つのポイント【妻にもわかる】

妻・えり
妻・えり

せっかくいいミラーレス一眼カメラを買ったのに全然いい写真が撮れないんだよね。。

まーとん
まーとん

それならいい写真が撮れるように覚えておいた方がいいポイントを5つ紹介するよ!
この5つのポイントを頭に入れておけば、写真がぐっとよくなるよ!

この記事でわかること
  1. いい写真を撮る5つのポイント
  2. いい写真を撮るための考え方
  3. いい写真を撮るためにオススメな勉強方法

 

一眼レフを買ったら実践したい写真の撮り方!

まーとん
まーとん

それじゃさっそくいい写真が撮りやすくなる5つのポイントを紹介しておくね!これを知っておくと写真も大きく変わるよ!

ステップ1:被写体をしっかり決める

いいカメラを買いたての頃は「被写体をしっかり決める」ことが抜けて、ぼんやりした写真になることがとっても多いんだよね。

妻・えり
妻・えり

確かに!!

「ここ何となくいい景色だから撮っとこう!」…みたいな?笑

まーとん
まーとん

そうそう!確かにその感覚はとっても大事なんだけど、せっかく撮るなら印象的ないい写真を撮りたいよね!

「いい景色だな」と思ったら、どうしていい景色だと思ったのか考えて、そのいいと思った部分がメインとなる写真を撮ってあげると「いい写真」になりやすいよ。

例1

まーとん
まーとん

この写真のメインの被写体は「虹色に見える葉っぱたち」です。

虹色の葉っぱを写真全体に収めつつ、しまりのある幹とキラッとさせた太陽をアクセントを出しました。

 

赤ちゃんの手

まーとん
まーとん

この写真のメインの被写体は「生まれたての赤ちゃんの手」です。

赤ちゃんの手をより印象的にするために背景を白色にして、余計なものは全く入れないようにしたよ。

 

POINT

「これ撮りたい!」と思った理由を考えて、それがメインとなる写真を撮ろう!

 

ステップ2:基本構図に当てはめる

「これだ!」と思う被写体が決まったら、それを「基本構図」に当てはめてあげます。基本構図に当てはめると写真にぐっと安定感が出ます!

基本構図についてはこの記事で詳しく紹介しています!

写真の構図の基本を覚えよう!初心者にオススメな6つの基本構図!
いい写真を撮るための基本構図をまとめて紹介しています!基本構図を覚えて安定感のある写真を撮れるようになりましょう!また、基本構図を自分のものにするための方法も併せて紹介しています!

 

ステップ3:被写体を引き立たせる

大まかな構図が決まったら、被写体を引き立たせるように工夫してあげよう!

妻・えり
妻・えり

被写体を引き立たせるって具体的にどうしたらいいの?

まーとん
まーとん

被写体を引き立たせるには、次に挙げる3つを意識してみるといいよ!

余分なものを写さないようにする

写真の中に余分なものが写りこむと、写真がごちゃごちゃしてせっかくの被写体の魅力が激減してしまいます。

そこで、左右に動いてみたり、②カメラを構える高さを変えたり、③ズームの倍率を変えたりして余分なものが写りこまないように工夫しましょう!

余分なものを写さない
まーとん
まーとん

写真の端の方に目を奪われてしまっていたけど、カメラの位置をうまく動かすしてズームすることで余分なものの映り込みをなくして安定感を出したよ!

 

余分なものをボカして目立たなくする

どうしても余分なものを除けない場合は、ボカして目立たなくするのも手です。

妻・えり
妻・えり

でもどうやったら狙ってボカせるの?

まーとん
まーとん

大きくボカすには、カメラを絞り優先(AやAv)モードにしてF値を小さくしてみよう!あとは、ズームレンズを使ってるなら「ズームしてあげる」と背景をボカしやすいよ!

まーとん
まーとん

写真の良し悪しはとりあえず置いておいて…、笑

余分な背景をボカすことで、一番手前の瓶が際立っているね!

 

引き立たせる要素をプラスする

これまでは除くことばかり考えていたけど、逆に別の要素をプラスして被写体を目立たせるという考え方もありです!

例えばこんな感じ!

車のライトなし

 

まーとん
まーとん

「水たまりに反射するキレイなイルミネーション」をメインの被写体にしたんだけど、これだけだとつまらない写真になっちゃって。。

そこで、通りかかる車のライトをアクセントにして印象的な写真に仕上げたよ!

 

POINT

余分なものを除いたり、引き立て役をプラスしたりして、被写体を引き立たせることを考えよう!

 

ステップ4:写真を水平にする

これは結構見落としがちですが、写真が傾いていると一気に写真の安定感が失われます!特に意図がない場合は、カメラを水平に構える練習をしましょう!これはとにかく練習あるのみです!!

傾きあり傾きなし
まーとん
まーとん

ついつい夢中になると写真って傾いちゃうんだよね。笑

カメラの設定で画面にグリット線を出したり、水平器が付いている機種なら積極的に利用しよう!

POINT

カメラを水平に構えられるように、意識してたくさん写真を撮ろう!

 

ステップ5:レタッチする

まーとん
まーとん

撮影も大事だけど、Lightroomという編集ソフトを使って現像(レタッチ)すると写真は見違えるよ!

編集前編集後
妻・えり
妻・えり

なんかもう別の写真みたいだね!けど、レタッチって難しいんでしょ?

まーとん
まーとん

簡単にできるように、図を使ってなるべく簡単に使い方を説明してるよ!

まずはこれを読むとLightroomのすごさと使い方がわかるよ。

写真編集ソフトLightroomでできること!思い通りの写真に仕上げよう!
とても便利な写真編集ソフトLightrromでできることをまとめました!現像(レタッチ)や大量の写真の管理など、一度使ったら手放せないほど、写真を撮る上で便利なソフトLightroomの機能を簡単に紹介します!

 

一眼レフを買ったら実践したい5つのステップまとめ
  1. 被写体をしっかり決める
  2. 基本構図に当てはめる
  3. 被写体を引き立たせる
  4. 写真を水平にする
  5. レタッチする

 

いい写真を撮るためにオススメな勉強方法

妻・えり
妻・えり

何となく考え方は分かったけど、どうやって身につけていったらいいかな?

まーとん
まーとん

これまで自分なりに7年以上試行錯誤しならが写真の勉強をしてきたので、個人的にやってよかった方法を紹介するね!

 

本を読む【おすすめの本紹介】

まーとん
まーとん

結構たくさん写真の本は読んできたけど、この本が一番良かったのでおすすめです!

妻・えり
妻・えり

この本はどういうところがよかったの?

まーとん
まーとん

①よくない(失敗)写真を示す→

②よくないところを指摘する→

③段階的に修正してベストな写真に近づける

という例を何回も示してくれる本なんだけど、実際の撮影でもこの通りやると自然といい写真に近づくんだよね。

今でもこの本のやり方を参考に日々撮ってるよ!

おすすめの本

 

上手な人の写真をよく見て雰囲気を真似る

上手な人の写真をよく見るのもいい勉強になるよ。

まーとん
まーとん

いい写真を見つけたら、ブックマークしてすぐに見返せるようにしてるよ。

「この写真のどこがいいのか?」をよく考えて、まずは真似するようにしよう!構図とかレタッチとかね。

 

簡単に全く同じ写真は撮れないと思うけど、盗作は絶対ダメ!

許可なしに人の写真の無断利用もやってはいけません!!

 

実践あるのみ!

あとは根性論だけど実践あるのみです!笑

ただし、何となくただひたすら撮るより、「どうやったらうまく撮れるようになるか?」を考えるとより上達は早いよ!

まーとん
まーとん

自分自身ももっともっと上手くなりたいから、ひたすら撮り続けてます!実践あるのみ!!

まとめ

今回は、一眼レフを買ったら実践したい「いい写真を撮るための5つのポイント」を紹介してみました!

妻・えり
妻・えり

まずは主役である被写体をしっかり決めて、主役を引き立たせる工夫をしてみるよ^^

まーとん
まーとん

だんだん自分なりのいい写真が撮れる方法が見つけらえるといいね!

さ、さっそく写真撮りに行こう~!!

この記事を書いた人
まーとん

6歳の息子と4歳の娘の二児のパパ。
カメラ歴7年の子どもと風景ばかり撮っている趣味カメラマン。
カメラをはじめてから学んだ写真のコツをできる限りわかりやすく発信しています。
カメラ遍歴:
 ①OLYMPUS PEN Mini E-PM2
 ②Canon EOS70D
 ③Canon EOS6DMarkⅡ

Follow Me!
写真のコツ
Follow Me!
妻にもわかる写真のこと

コメント