当ブログのWordpressテーマはSWELL!詳細はこちら!

NIMASOのMacbook Pro/Air用 7-in-2 USB-Cハブをレビュー!

この記事では、NIMASOのMacbook用7-in-2USB-Cハブを実際に使ってみた感想を紹介しています。

悩む人

Macbook用USB-Cハブはどれがおすすめなの?
NIMASOのUSB-Cハブって実際どうなの?

という悩みを解決できる記事となっています。

実際に使ってみたところ、十分満足できるUSB-Cハブで今後も存分に使い倒そうと思えるアイテムでした!
「もっとこうだったらいいのに。。」というちょっとイマイチだなと感じた部分も紹介しているので、Macbook用USB-Cハブを選ぶ参考にしてみてください^^

NIMASO USB-C
ハブのいいところ
NIMASO USB-C
ハブのいまいちなところ
  • Macbookスペースグレイとの一体感がいい
  • コンパクトでスマート、使いやすい
  • 使いやすい十分な拡張性
  • SDカードの挿入方向が逆
  • 給電可能なUSB-Cポートが1つだけ
  • ややガタつきがある
この記事を書いた人
  • カメラ歴8年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

カメラをはじめてから学んだ知識をわかりやすく発信しているよ!

まーとん
目次

そもそもNIMASOとは?

悩む人

そもそもNIMASOってどんなメーカーなのよ?
信頼できるメーカーなの?

NIMASOというメーカーを聞いたことがない人が多いと思うので、簡単に紹介しておきます。

NIMASOは、横浜市に本社を構える紅松株式会社(2017年)が経営するブランドで、安心の日本メーカーです。

僕自身はNIMASO製のMacbook用液晶保護フィルムを愛用していて、今回購入したのが2製品目。
液晶保護フィルムの口コミはとにかく良くて、「製品の質がいい、アフターサービスがいい」とかなり好感触で購入してみたのが最初でした。

↓Amazonの口コミがとにかく良好です!

実際に使ってみた液晶フィルムの満足度も高かったため、今回のUSB-Cハブの購入を決意したわけです。

NIMASO USB-Cハブの製品外観

それでは、開封の儀を行いながら、NIMASOのUSB-Cハブの製品外観を紹介していきます。

まずは外箱です。普通の紙製の白い箱です。紙箱の厚さはやや薄めで、特に箱自体の高級感はありません。

USB-Cハブの外観はこんな感じです。

PCとの接続端子にはプラスチック製のキャップが付属しており、取り外した際には接続端子を守ることができます。

Macbook Pro/Air専用で、2つのUSB-C端子を使用してPCの側面にピッタリ接続するタイプです。

まーとん

梱包も丁寧で作りも洗練されているので、全体的に安心感のある製品だなという印象を与えてくれますよ^^

NIMASO USB-Cハブを実際に使ってみた感想

ここからは、実際にNIMASOのUSB-Cハブを使ってみた感想を紹介していきます。

【いいところ1】Macbook Air スペースグレイとの一体感がいい

僕の持っているMacbook Airのスペースグレイに実際に付けてみるとこんな感じ。

色もほぼ一緒で一体感があってとってもいい感じです。
表側に『NIMASO』のロゴが刻印されているのは好みが分かれるところでしょうが、ハブ自体はシンプルなので、洗練されたMacbookのデザインを邪魔しません。
通電されると、表側のランプが白色に点灯する仕様です。

【いいところ2】コンパクトでスマート!

コードを介さずにハブの本体をMacbookのボディに差し込むタイプなので、かなりコンパクトでスマートにいろいろなデバイスを使うことができます。
僕が使っている外付けSSDを取り付けるとこんな感じ。とても省スペースで使用することができます。

NIMASOのUSBハブを買う前は、コード付きタイプのハブを使ってみましたが、コードが増える分だけPC周りがごちゃごちゃするので、ややストレスがありました。

コードを介さない今回のタイプに買い替えて、非常にストレスが減り大満足です!

【いいところ3】使いやすい十分な拡張性

NIMASOのUSB-Cハブに備えられているポートはこんな感じです。

MacbookにはUSB-Cポートが2つしかないので、これだけ拡張できれば十分ですね。

【いまいちなところ1】SDカードの挿入向きが逆!

せっかくいい製品なのに、これは「?」ポイントでした。SDカードを入れる向きが通常と上下逆です。

まーとん

はじめてSDカードを入れようとしたとき、全然入らなくて不良品を引いたかと思った。。
普通はこっちの向き↓だと思うんだけど。。僕の常識がずれているわけじゃないはず。。

まぁ、慣れちゃえばどうってことないんだけどね。

【いまいちなところ2】給電可能なUSB-Cポートが1つだけ

あらかじめ理解してかったんだけど、USB-Cポートが両方とも給電可能だったらもっとよかった。。

僕がやりたかったのは、こんな感じ↓でPCを充電しながらサブディスプレイをUSB-Cのみで接続すること。

しかし、給電可能ポートをサブディスプレイにつなぐと充電ができないし、給電可能ポートで充電するとサブディスプレイが使えないし。。
サブディスプレイをつなぐとPCの電池の消耗が早くなるので、一緒に使いたいところ。

一応こんな使い方↓で運用できることがわかりました!
やりたい接続方法とケーブル数は同じなので大丈夫かなと。ご参考にどうぞ!

ちなみに僕が使っているサブディスプレイはこちら。
よくわかんないメーカーの安いやつだけど、USB-Cで接続できるし、持ち運びも楽だし、スタンドになるケースも付いてるし、コスパよく普通に使えてます。

【いまいちなところ3】ややガタつきがある

2つのUSB-Cポートを使用して接続するので、ある程度しっかり挿入できるのですが、ややガタツキがあるのが少し心配です。
また、A Type-USBの差し込みも、やや引っかかりがある感じでスムーズに入ってくれないのがやや残念。

これらは普段使いに問題があるレベルではないんだけど、他の完成度が高かったために、僕の要求が高くなってしまっているかな、と。

まーとん

いまいちなところも書いたけど、総合して満足度は高く、これから長く使っていこうと思っているよ^^
なによりデザインがかっこよくてコンパクトに使えるのがいいです!

最後に

NIMASOのMacbook Pro/Air専用USB-Cハブを実際に使った感想を紹介してきました!

NIMASO USB-C
ハブのいいところ
NIMASO USB-C
ハブのいまいちなところ
  • Macbookスペースグレイとの一体感がいい
  • コンパクトでスマート、使いやすい
  • 使いやすい十分な拡張性
  • SDカードの挿入方向が逆
  • 給電可能なUSB-Cポートが1つだけ
  • ややガタつきがある

総合的に見て完成度が高くて満足できるアイテムだったので、長く愛用していこうと思ってます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる