【2023年】おすすめのLeofoto(レオフォト)の自由雲台!選び方のポイント紹介と全製品を徹底比較!

Leofoto自由雲台まとめ

この記事では、有名なカメラアクセサリーメーカーであるLeofotoの『自由雲台』に絞って、たくさんある型番と性能の違いを一覧表でまとめて、おすすめの選び方を紹介しています!

悩む人

・Leofotoの自由雲台が欲しい!
・種類があってどれがいいかわからない。。
・Lefotoのおすすめの自由雲台はどれ?

…こんな悩みが解決できる記事になっています。

各製品の性能の違いをしっかり理解して、自分にぴったりのLeofotoの自由雲台を選びましょう!

\製品品番と性能の見方/

製品品番と性能

※この記事は自由雲台に絞って紹介しています!三脚に関するまとめ記事はこちら!

この記事を書いた人
  • カメラ歴9年のアマチュアカメラマン
  • フォトコンテスト入賞歴多数
  • フォトマスター検定1級
  • ブログ、ストックフォト、WEBメディアのライターで活躍中!

アマチュアカメラマン目線でカメラの知識をわかりやすく発信しています!

まーとん
目次

Leofotoとは?

出典:https://widetrade.jp/leofoto/

Leofotoは、中国広東省を拠点とする三脚を中心とした撮影機材メーカーです。
創業は2014年で、割と新しいメーカーと言えます。

中国メーカーというだけで品質に心配を持つ人もいるかも知れませんが、Leofoto製品の品質はとても高く、高性能な製品がお手頃な価格で入手できるので、プロアマ問わず人気の撮影機材メーカーなのです。

日本での正規販売代理店は株式会社ワイドトレードです。
製品自体は、Amazonや楽天などの一般的なECサイトから入手することができます。

今回紹介する自由雲台だけでも多くのラインナップがあり、自分に合った製品を選ぶのが大変なほど。。

まーとん

この記事では、Leofotoの自由雲台に絞って紹介していくよ!

Leofotoの自由雲台を比較!

それでは、Leofotoの自由雲台のラインナップを一覧表にして比較していきます!

自由雲台の選び方のポイント

自由雲台の選び方のポイントはこちらの記事に詳しく紹介しているので参考にしてください!

自由雲台選びに重要なポイント!
  1. ボール直径:大きいほど耐荷重よし
  2. 取付方式:レバーロックが便利
  3. 雲台高さ:低いと携帯性よし
  4. ベース径:三脚のベース径を確認
  5. 本体重量:軽いと携帯性よし

Leofotoの自由雲台を一覧で比較!

スクロールできます
製品
外観
参考
価格
ボール
直径
ロック
方式
上部
プレート回転
フリクション
コントロール
雲台
高さ
ベース
本体
重量
Leofoto_LH-22
LH-22
7,200
22
mm
スクリュー
ロック
55
mm
30
mm
105
g
Leofoto_LH-25
LH-25
7,500
25
mm
スクリュー
ロック
67
mm
36
mm
172
g
Leofoto_LH-30
LH-30
17,000
30
mm
スクリュー
ロック
74
mm
47
mm
308
g
Leofoto_LH-30LR
LH-30LR
20,000
30
mm
レバー
ロック
74
mm
47
mm
345
g
Leofoto_LH-30R
LH-30R
20,000
30
mm
スクリュー
ロック
83
mm
47
mm
340
g
Leofoto_LH-30
LH-30PCL
22,000
30
mm
レバー
ロック
83
mm
47
mm
385
g
Leofoto_LH-36
LH-36
23,000
36
mm
スクリュー
ロック
84
mm
52
mm
410
g
Leofoto_LH-36LR
LH-36LR
25,000
36
mm
レバー
ロック
83
mm
52
mm
430
g
Leofoto_LH-36R
LH-36R
25,000
36
mm
スクリュー
ロック
84
mm
52
mm
410
g
Leofoto_LH-36PCL
LH-36PCL
27,000
36
mm
レバー
ロック
83
mm
52
mm
430
g
Leofoto_LH-40
LH-40
24,500
40
mm
スクリュー
ロック
87
mm
57
mm
540
g
Leofoto_LH-40LR
LH-40LR
27,000
40
mm
レバー
ロック
91
mm
57
mm
530
g
Leofoto_LH-40R
LH-40R
27,000
40
mm
スクリュー
ロック
90
mm
57
mm
540
g
Leofoto_LH-40PCL
LH-40PCL
30,000
40
mm
レバー
ロック
95
mm
57
mm
560
g
Leofoto_LH-47
LH-47
27,800
47
mm
スクリュー
ロック
98
mm
62
mm
625
g
Leofoto_LH-55
LH-55
35,000
55
mm
スクリュー
ロック
104
mm
72
mm
812
g
Leofoto_XB-32
XB-32
23,000
32
mm
スクリュー
ロック
85
mm
40
mm
310
g
Leofoto_XB-38
XB-38
28,000
38
mm
スクリュー
ロック
97
mm
46
mm
370
g
Leofoto_NB-46
NB-40
30,000
40
mm
スクリュー
ロック
95
mm
51
mm
470
g
Leofoto_NB-46
NB-46
32,000
46
mm
スクリュー
ロック
102
mm
56
mm
610
g
画像出典:amazon.co.jp

製品型番と性能の関係

悩む人

…たくさんありすぎて選ぶのがしんどいよ。。

…そんなあなたのために、製品型番と性能の関係については、下記の図にまとめました!

画像出典:amazon.co.jp

上記の通り、型番が①フリクションコントロールの有無、②ボール直径、③上部プレートの方式、をそれぞれ表しています。

フリクションコントロールとは、雲台の動きをより細やかに制御する機能のこと。
ロックを緩めてもある程度の固定を残すことができるので、構図も決めやすく、誤ってカメラを落としてしまう心配がなくなります。

レバーロック方式は、より素早くプレートを固定できたり、レバーの位置を見れば固定されているかどうかが簡単に把握できるためメリットが大きいです。

まーとん

製品はたくさんあるけど、意外と単純な製品名だよ!
上部プレートの回転は、特になくてもいいかもね。

おすすめの自由雲台!

おすすめは、便利なフリクションコントロール機能が付いて、ボール直径が30〜40mm程度でどんな機材にも十分な耐荷重があるこの2つです!

\小さめのカメラ機材におすすめ!/

\大きめのカメラ機材におすすめ!/

フリクションコントロールが不要なら、レバーロック方式のこちらもおすすめできます!

\レバーロック方式ならこれ!/

まーとん

フリクションコントロールとレバーロック方式が両方付いている製品はないのが残念。。
全部入りが欲しいなら、Gitzo製品もありですよ!高いけど。笑

自由雲台を取り付ける三脚については、こちらの記事で詳しくまとめているのでご参考にどうぞ^^

最後に

Leofotoの自由雲台に絞って、選び方のポイントと製品ラインナップ一覧の比較、おすすめを紹介してきました!

Leofotoは高品質の雲台を低価格で購入できるので、非常にコスパがいい買い物ができるのが魅力です。
プロも愛用しているので、中国メーカーとはいえとっても安心感もありますよね^^

製品がたくさんあって選ぶのが大変ですが、下記の製品型番と性能の関係さえ押さえてしまえば簡単ですね^^

画像出典:amazon.co.jp
まーとん

ラインナップを把握した上でしっかり比較して、自分にぴったりの雲台を選ぼう!

\小さめのカメラ機材におすすめ!/

\大きめのカメラ機材におすすめ!/

\レバーロック方式ならこれ!/

これまでに以下のメーカーについて雲台製品を一覧にして比較しています。

\これまでにまとめた雲台メーカー!/

各メーカー別雲台一覧

LeofotoGitzoMarkins
ARTCISE予算一万円

これまでに以下のメーカーについて三脚製品を一覧にして比較しています。ご参考にどうぞ!

\これまでにまとめた三脚メーカー!/

各メーカー別三脚一覧

LeofotoGitzoManfrotto
BENROVelbonVANGUARD
Smallrig選ぶポイント
よかったらシェアしてね!
目次