Instagramに投稿した写真のポイントを公開中!インスタログはこちらから!

三分割構図とトンネル構図でいい写真を撮る!栃木県宇都宮市「こども総合科学館」

今回紹介するのは、栃木県宇都宮市「こども総合科学館」の開放的な公園と印象的なロケットを撮った一枚です!

編集前

編集後

撮影のポイント

構図のポイント

構図はオーソドックスな三分割構図と、手前の木を使ってトンネル構図を組み合わせています。

撮影のポイント

完成写真はLightroomで編集したので全体的に明るく見えますが、撮影場所は木の陰で結構暗いです。青空を白トビさせたくなかったので、青空がしっかり残るようにかなり暗めに撮影しました。

撮影のポイント

※ちなみに、カメラの設定のみで木の部分に露出を合わせて撮影すると、こんな感じで空は完全に白トビしてしまいます。撮影後の編集を見越して撮影します。

カメラの設定で明るく

特にボケも必要のない場面なので、F値はレンズの画質が最も良いとされるF8に設定します。また、周辺をダイナミックに写したかったので、ズームレンズのなるべく広角側で撮影しました。

カメラCanon EOS 6D Mark Ⅱ焦点距離28mm
レンズCanon EF24-105mm F4LF値8
ISO感度100シャッタースピード1/500

編集のポイント

編集はAdobeのLightroomを使いました。Lightroomについてはこちらの記事をご覧ください!

写真編集ソフトLightroomでできること!思い通りの写真に仕上げよう!
写真編集ソフトLightroomでできることをできるだけ簡単にまとめました!インストールの方法もまとめているので、導入を考えている人は必読です!

各設定はこんな感じにしてみました。

明るさの調整

青空をよりはっきり出すために、ハイライトを思いっきりマイナスに。また、影の部分を明るくするために、シャドウを思いっきりプラスにしました。

青空をキレイに出したいときは、ハイライトをマイナスにするのはオススメです!私はやりじゃないかってくらい多様しています。笑 ※やりすぎ注意

色味の調整

ホワイトバランスで全体の色味を調整しつつ、青空と緑の爽やかさを全面に出したかったので、自然な彩度と彩度を強めにプラスにしました。

自然な彩度は不自然な鮮やかさになりにくいのでオススメです。青色が強くなる傾向にあるので、こちらもやりすぎ注意です。

ノイズの調整とプロファイル

暗い部分を無理に明るくしているので特にノイズが出やすかったので、少し強めにノイズ除去をかけました。これは、ノイズ量と写真の不自然さの具合を見ながら最適なところに合わせます。

プロファイルは両方ともチェックを入れておくと、レンズによる歪みや周辺の暗さ、色の不自然さを除去してくれるので、毎回チェックする癖をつけましょう!

まとめ

今回は、開放的な青空と緑、印象的なロケットを詰め込んだ一枚を紹介しました!同じような場面の撮影ではぜひ参考にしてみてくださいね^^

今後も同じような写真の解説を行っていくので、このブログのブックマークと、Instagramのフォローをぜひお願いします!

この記事を書いた人
まーとん

6歳の息子と4歳の娘の二児のパパ。
カメラ歴7年の子どもと風景ばかり撮っている趣味カメラマン。
カメラをはじめてから学んだ写真のコツをできる限りわかりやすく発信しています。
カメラ遍歴:
 ①OLYMPUS PEN Mini E-PM2
 ②Canon EOS70D
 ③Canon EOS6DMarkⅡ

Follow Me!
未分類
Follow Me!
カメラと子供とおでかけ