Instagramに投稿した写真のポイントを公開中!インスタログはこちらから!

子供目線でダイナミックに切り取る!いきいきとした子供の写真の撮り方!

まーとん
まーとん
今回紹介するのは、子供の写真をいきいきと切り撮った一枚です!頑張って自転車の練習をする我が子がとっても愛おしい。。笑

私は子供の写真を撮ることがほとんどなのですが、いい瞬間を撮るのってとっても難しいですよね。。少しでもいい写真が撮れるように、私がいつも子供を撮るときに考えていることを紹介します!

Lightroom編集前

Lightroom編集後

写真編集ソフトLightroomでできること!思い通りの写真に仕上げよう!
とても便利な写真編集ソフトLightrromでできることをまとめました!現像(レタッチ)や大量の写真の管理など、一度使ったら手放せないほど、写真を撮る上で便利なソフトLightroomの機能を簡単に紹介します!

撮影のポイント

構図のポイント

子供の目線でダイナミックに!

今回の大きなポイントは、子ども目線までカメラを下げること。

子供のいい表情を撮ることは重要なのですが、夢中になっていると背景に意識が行かなくなります。何も考えずに、大人の目線(子供より高いところ)から写真を撮ると、背景は決まって地面だけになってしまいます。これだと味気ない写真ですよね。

例えば、大人目線から撮るとこんな感じ。間違いなく猫に出会っていい表情をしているのに、笑顔は切り取れないし、背景も残念な感じですね。

大人目線の撮影

奥行きを出す

二次元である写真をよく見せるには、奥行き感を出すのが非常に大事ですね。今回は、真っすぐ奥に続く道を入れて、写真の中に広がりを持たせました。また、写真を見た人の視線を誘導する効果もあります。

青空と緑で爽やかさを演出

せっかくのいい天気、青空が最高だったので、子ども目線で青空をしっかり入れつつ、新緑のきれいな緑を入れて、全体的に爽やかな雰囲気を演出しました。

撮影のポイント

せっかくの青空を白飛びさせないように撮るのがポイントですね。

露出は暗めで青空を出す

青空が白飛びしないように、全体的に暗めに撮影しておいて、撮影後の編集(現像)で思った雰囲気に仕上げます。

また、背景はふんわりぼかしたかったので、F値は可能な限り小さいF4に設定し、ズームレンズの望遠側で撮りました。

カメラCanon EOS 6D Mark Ⅱ焦点距離105mm
レンズCanon EF24-105mm F4LF値4.0
ISO感度100シャッタースピード1/1000

連射する

子供の表情や動きはめまぐるしく変わります。そんなときはとにかく連射して、いい写真を逃さないようにするのがポイントです。

撮影後の写真の整理が大変になりますが、恐れず連射して決定的瞬間を逃さないようにします。

親指AF+AIサーボAFで決定的瞬間を逃さない

皆さん、親指AFは使っていますか?止まった被写体を撮るときはもちろん、子供などの動く被写体を撮るときにも「親指AF」は必須です。Canonの公式ページで使い方を詳しく紹介しているので、必ず参考にしてください!!

子供は基本的に動き回るので、親指AF+AIサーボAF+連射で挑戦しましょう!!

編集のポイント

編集はAdobeのLightroomを使います。Lightroomについてはこちらの記事をご覧ください!使っていない人は絶対に使いましょう!!思い通りの写真に仕上げることができるようになります^^

写真編集ソフトLightroomでできること!思い通りの写真に仕上げよう!
とても便利な写真編集ソフトLightrromでできることをまとめました!現像(レタッチ)や大量の写真の管理など、一度使ったら手放せないほど、写真を撮る上で便利なソフトLightroomの機能を簡単に紹介します!

各設定はこんな感じにしてみました。

編集のポイント

明るさの調整

とにかく青空をしっかり出したかったのでハイライトを思いっきりマイナスにして色をはっきり出しました。青空をキレイに出したいときは、ハイライトをマイナスにするのはオススメですよ!私はかなり多様しています。笑 ※やりすぎ注意

他は、特別な演出なく見たままのキレイな風景を再現できるように、各項目を調整していきます。

色味と外観の調整

青空と新緑の爽やかさを全面的に押し出したかったので、自然な彩度と彩度を上げて鮮やかさを出してあげます。自然な彩度は不自然な鮮やかさになりにくいのでオススメです。青色が強くなる傾向にあるので、こちらもやりすぎ注意です。

また、ややカリッとした描写にしたかったので、テクスチャ・明瞭度・かすみ除去をプラスに振りました。この三つは、カリッとさせたいときはプラス側に、ふわふわにしたいときにはマイナス側にふることで、簡単に写真の雰囲気を変えられるのでオススメですよ^^

ノイズの調整とプロファイル

今回は特にいじっていません。

プロファイルは両方ともチェックを入れておくと、レンズによる歪みや周辺の暗さ、色の不自然さを除去してくれるので、毎回チェックする癖をつけるといいです!

まとめ

今回は子供目線でダイナミックに撮った一枚を紹介してみました!同じような子供を撮るときには応用が効く撮影方法なので、ぜひ挑戦してみてください!子供のいい写真をたくさん残しましょう^^

今後も同じような写真の解説を行っていくので、このブログのブックマークと、Instagramのフォローをぜひお願いします!

写真編集ソフトLightroomでできること!思い通りの写真に仕上げよう!
とても便利な写真編集ソフトLightrromでできることをまとめました!現像(レタッチ)や大量の写真の管理など、一度使ったら手放せないほど、写真を撮る上で便利なソフトLightroomの機能を簡単に紹介します!
この記事を書いた人
まーとん

6歳の息子と4歳の娘の二児のパパ。
カメラ歴7年の子どもと風景ばかり撮っている趣味カメラマン。
カメラをはじめてから学んだ写真のコツをできる限りわかりやすく発信しています。
カメラ遍歴:
 ①OLYMPUS PEN Mini E-PM2
 ②Canon EOS70D
 ③Canon EOS6DMarkⅡ

Follow Me!
Follow Me!
妻にもわかる写真のこと