Instagramで撮った写真を紹介中!こちらから☟

手持ちの三脚をアルカスイス互換に!三脚へカメラの取付けを快適にする方法

アルカスイス互換 DC-38Q

三脚へのカメラの取り付けがいちいち面倒で…。
手持ちの三脚をアルカスイス互換にしたいんだけど…。
なるべく安くアルカスイス互換の三脚を手に入れたい!

こんにちは。まーとんです。
そんなあなたには、私が普段使っているアルカスイス互換のお手頃クイックリリースクランプがオススメです!
普通の三脚を簡単に、しかも安価にアルカスイス互換にすることができますよ!

今回は、「MENGS」というメーカーのお手頃クイックリリースクランプDC-38Qを購入してみたら、カメラの三脚への取り付けをアルカスイス互換にでき、取り付けストレスが大幅に改善できました!というお話です!

現在の価格はこちらから確認してみてください!↓

  • 使ってみた感想
  • まとめ
  • そもそもアルカスイス互換ってなに?

    早速ですが、カメラをやっている人なら聞いたことがある「アルカスイス互換」という言葉。私も何となく使ったり聞いたりしてたので、一度ここでまとめてみます。

    「アルカスイス」とは雲台を作っている会社の名前のことです。アルカスイスは、フランスに本拠地を置く雲台を作っている企業で、アルカスイスの雲台はその固定力・安定性を世界的に評価されています。

    ※雲台(うんだい):カメラや双眼鏡など、光学機器と三脚などの架台本体のあいだに入れ、それらの光学機器を自由な方向にむけて固定するためのもの。

    引用:雲台 – Wikipedia

    これが実際に今回アルカスイス互換にした三脚の雲台部分です。↓

    f:id:machapapa2929:20190211071828j:plain

    カメラ側にもこんな感じのアルカスイス互換のプレートを付けておきます↓

    f:id:machapapa2929:20190829090417j:plain

    そうすると、いちいち面倒な操作なく、こんな感じで簡単に挟み込んで固定できるのです。5秒もかからず、非常に簡単です。

    f:id:machapapa2929:20190211133643j:plain

    最近では、他の雲台メーカーもこれを真似してアルカスイスと同じような機構の雲台を作るようになり、他社の作ったプレートと雲台でも、アルカスイス式の機構であれば互換するようになっています。今では、様々なメーカーがアルカスイス互換の雲台とプレートを製造・販売しているのです。

    今回は、私の使っているお手頃な三脚に、簡単にアルカスイス互換のプレートを付けたカメラを装着できるようにしてみました!…というお話になります。

    三脚のクイックシューをアルカスイス互換にするクランプ

    前置きが長くなりましたが、元々アルカスイス互換でない普通の三脚をアルカスイス互換にするためには、クランプに一工夫必要です。

    私が使っているお手ごろ三脚

    ちなみに、私が普段使っているのは、SLIK製のF163というお手ごろなファミリー向け三脚です。今はもう在庫がなさそうですが、購入した5年位前は3000円くらいだったので、今買えるものだとこんな感じのものが該当しそう。 

    初心者~中級者向けの三脚としてはコスパ良好です。こちらをご確認ください!

    普段は、家族で集合写真を撮るのにとても重宝しているのですが、これで十分満足しています。

    「MENGS」製クリックリリースクランプDC-38Q

    このお手軽なクイックシュー方式の三脚をアルカスイス互換に対応するため、今回購入したのは、中国の「MENGS」というメーカーのクイックリリースクランプDC-38Qです。

    最新の価格はこちらで確認してください!↓

    見た中でも一番価格が安いし、しっかりしていそうだったので、実は「失敗してもいいや。」という気持ちで購入しました。笑…ところがどっこい、いい買い物でした。

    さて、送られてきたのがこちら。

    f:id:machapapa2929:20190211071801j:plain

    箱を開けてみると、「あ、海外製だな。。」とすぐわかるような雑な包まれ方。笑…少し不安を煽られました。

    f:id:machapapa2929:20190211071834j:plain

    …が、包みを開けてみると、意外にもしっかりとした作りのものが出てきました。重量感もしっかりあり、これなら安心できそうです。

    f:id:machapapa2929:20190211071846j:plain

    この部品を、三脚のクイックシューに常時取り付けておきます。それだけでOK!!

    普段は、三脚を使うたびにこのクイックシューをネジでもってカメラに取り付けていたのです。これが結構面倒だったし、これのせいでシャッターチャンスを逃してしまうことも。。

    f:id:machapapa2929:20190211134309j:plain

    クイックシューのねじでクランプをしっかりクイックシューに固定して、三脚に付けた感じがこちら。↓

    f:id:machapapa2929:20190211071828j:plain

    f:id:machapapa2929:20190211071833j:plain

    …うん、安定感はばっちりです!ぐらつきも全くありません^^b

     一方、カメラ側には、以前の記事で紹介したアルカスイス互換の「PeakDesign」のデュアルプレートPL-D-2を取り付けておきます。

    少し高いですが、機能は申し分ありません。

    これを取り付けておけば、楽ちんに三脚にも取り付けられるし、ストラップで肩から斜め掛けした時にカメラが下を向くしで一石二鳥です!本当に買ってよかった!!
    f:id:machapapa2929:20190211071851j:plain

    デュアルプレートの 詳細はこちらの記事を参考にしてください。↓

    あとは、デュアルプレートをクランプに挟み込めば、快適にカメラを三脚に固定できる、というわけです!取り付けは5秒もかかりません!!ホントに楽ちん^^

    f:id:machapapa2929:20190211133643j:plain

    使ってみた感想

    とにかく時短!快適!

    とにかく三脚を使うのが楽になったし、速くなりました!

    いつも家族写真を撮ろうと思うと、三脚を準備している時間すらも子供は飽きてしまってぐずるんですよね。。けど、それがかなり軽減されます。

    カメラの出費に対して目を光らせている妻も、これに対しては効果を実感のご様子。笑

    作りがしっかりしている

    箱を開けた瞬間はかなり不安になりましたが、実際に使ってみると作りはしっかりしていて、がっちりカメラを固定してくれて安定感があります。

    安かったので、「失敗してもいいかなぁ」くらいだったのに、全然問題ありません。

    …という感じで今のところ不満はありません。また何か感じるところが出てきたら、追加でレビューしようと思います!!

    まとめ

    今回は、普段の三脚をアルカスイス互換にして、取り付けを快適にしました!というお話でした。何気なく使っていた「アルカスイス互換」についても、自分自身勉強できたので、良い機会になりました。

    実際、プレートもクランプも妻にも好評で、もっと早く買っておけばよかった。。

    快適に撮影するためにも、ぜひ見直してみてください!!非常におススメです^^

    コメント