Instagramに投稿した写真のポイントを公開中!インスタログはこちらから!

子供の写真を撮るコツ5つ!一眼レフでもスマホでも【妻にもわかる】

妻・えり
妻・えり

もっと子供の写真をうまく撮りたいんだけど、何かコツってないかな?

まーとん
まーとん

子供の写真はちょっとしたコツを押さえるだけで大きく変わるよ!

子供の写真をうまく撮る5つのコツを紹介するね^^

この記事でわかること:子供の写真を撮るコツ
  1. 子供と同じ目線から撮る
  2. カメラやスマホを注視しない
  3. 話しかけながら撮る
  4. 連射する
  5. とにかくたくさん撮る

 子供の写真を撮る5つのコツ

まーとん
まーとん

それじゃ大事な5つのコツを紹介していくよ^^

効果がありそうだな、と思うところからぜひ実践してみよう!

 

子供と同じ目線で撮る

子供目線

まーとん
まーとん

ここがとにかく重要で、いい写真になるかどうかを左右するポイントだよ!

特別な意図がない限りは、腰をしっかり落として、子供と同じ目線から撮影しましょう。

理由は大きく2つあります。

メリット1:子供の表情を撮影できる

大人の目線から撮影すると、子供の表情がしっかり収められないことがほとんど。

子供と同じ目線、もしくはそれ以下から撮影すると子供の表情を上手に撮影することができます。

大人の目線子供の目線
まーとん
まーとん

大人目線から撮ると、よくありがちな写真になってしまうけど、

カメラを床すれすれに構えると、子供の表情が入って一気にいい写真になるよね^^

妻・えり
妻・えり

全然写真の印象が変わるんだね!

 

メリット2:背景を写しこめる

大人の目線から子供を撮影すると、子供の背景はほとんど地面になってしまいます。

一方で、子供の目線から撮影すると、今いる場所の背景を写すことができるので、写真の印象が大きく変わります。

大人の目線子供の目線
まーとん
まーとん

大人の目線で撮ると、背景はただの原っぱで何の情報は残らないけど、、

子供の目線で撮ると、公園の様子やキレイな夕焼けまで写りこみ、当時の状況を思い出すことができるね^^

妻・えり
妻・えり

ホントだ~!全然印象が変わるね!!

作例:子供の目線で撮った写真

f:id:machapapa2929:20190126230547j:plain

まーとん
まーとん

こちらは地面すれすれから撮影したよ。

こんなにキレイな青空と一緒に子供を切り取ることができたよ!

 

f:id:machapapa2929:20190126081348j:plain

まーとん
まーとん

こちらは子供より下にカメラを構えて撮影したよ。

キレイな桜に菜の花まで、当時の状況がしっかり記録できたよ!

 

子供目線にはバリアングルモニターが便利!

妻・えり
妻・えり

でもさ、、カメラを子供より下に構えるって、なかなか大変じゃない?

腰にも負担がかかるし、公共の場で地面に寝そべるわけにもいかないよね。

まーとん
まーとん

うちのカメラもそうだけど、バリアングルモニターを搭載したカメラを選ぶと撮影が一気に楽になるよね!

妻・えり
妻・えり

バリアングルモニター??

まーとん
まーとん

こんな感じでカメラの液晶がパタパタ動くやつだよ^^

バリアングルモニター

まーとん
まーとん

これからカメラを選ぶ人は、バリアングルモニターを搭載したカメラを選ぶと、子供目線での撮影がはかどるよ^^

POINT

・子供目線で撮影することで、子供の表情や背景を写しこむことができる。

・子供目線で撮影するには、バリアングルモニターが便利!

 

カメラやスマホを注視しない

妻・えり
妻・えり

子供にカメラを向けると、一気に表情が硬くなって笑ってくれないんだよね。。

まーとん
まーとん

そりゃカメラを向けると緊張するよね。

カメラに向かって笑顔を振りまく子供なんていないと思うし。

妻・えり
妻・えり

じゃあどうしたら子供の笑顔の写真を撮れるかな?

まーとん
まーとん

まずは、親の関心をカメラやスマホから子供に向けてあげて、リラックスさせてあげよう!

カメラの構え方

カメラ慣れしていない子供は、カメラを向けられると緊張してしまい、自然な表情をしにくくなってしまうものです。

せめてカメラは向けても、親の顔は見せてあげて、リラックスさせてあげましょう。

妻・えり
妻・えり

でもさ、カメラ見ないと写真撮れなくない?

まーとん
まーとん

笑顔を撮るため、カメラは見ずに『勘』で撮影しよう!

妻・えり
妻・えり

ええっ!!全然写真の枠内に子供が収まらないんだけど。。

まーとん
まーとん

最近のカメラは、顔優先AFや瞳優先AFモードがあるから、少し練習すればノールックで撮れるようになるよ^^

子供の笑顔のために頑張って練習しよう!!

POINT

・カメラやスマホは中止せず、子供に顔を見せる

・カメラやスマホの画面を見ずに撮影できるよう練習する

・顔優先AFや瞳優先AFモードに設定して撮影する

 

話しかけながら撮る

どっかのママ
どっかのママ

〇〇ちゃ~ん!こっち向いて!

はい、笑って~!!

まーとん
まーとん

…こういうのってなかなか子供って笑ってくれないんだよね。

妻・えり
妻・えり

そうなんだよ、絶対笑ってくれないの。。

どうしたら子供は笑ってくれるのかな?

まーとん
まーとん

そういうときは、写真とは全く関係ない話をしながら撮影すると、笑顔の写真が撮れる確率が上がるよ!

ぬいぐるみや人形を使ってお話する

ぬいぐるみや人形を用意しておいて、カメラの周りでお話しながら動かしましょう!

カメラ目線と共に子供のいい笑顔が撮れるはずです^^

まーとん
まーとん

ただし、子供は結構飽きやすいので、いろんなパターンを用意しておくといいよ!

妻・えり
妻・えり

フォトスタジオのスタッフの人とか、ぬいぐるみでうまいことやってくれるよね!プロの技だよ。

確かにあれを真似するといいかも!!

 

連射する

子供の行動や表情はめまぐるしく変わります。

決定的な瞬間を逃さないためにもとにかく連射することが大切です。

まーとん
まーとん

カメラの設定を連射モードにして撮影するようにしよう!

決定的な瞬間を逃す確率が圧倒的に減るよ。

連射

 

まーとん
まーとん

ただし、覚悟していただきたいのは写真の整理。。

写真の数が膨大になるので選別作業がなかなか大変。。

ここは、子供のいい写真を残すためだと思って、諦めよう。

POINT

連射していろんな表情を収めて、お気に入りを選ぶ!

 

とにかくたくさん撮る

偉そうにポイントを語ってきましたが、子供のいい写真を撮れるかどうかなんて、実際運任せです。なんせ、子供は気まぐれなんですから。笑

まーとん
まーとん

でも、たくさん撮ってあげればいい写真を撮れる確率は上がります。母数が増えるので当たり前の話です。

また、たくさん写真を撮ってあげると、子供もカメラに慣れてきて、自然な笑顔はできないにしろ、カメラを向いてくれる確率は上がります。

まーとん
まーとん

とにかくたくさん撮ってあげてください。たとえいい写真が撮れずに失敗写真だったとしても、いい思い出はたくさん残るはずですよ。

POINT

とにかくたくさん写真を撮ることで…

✔ 子供がカメラに慣れて自然な表情をしてくれる

✔ 子供を撮る腕が上がる

✔ 思い出がたくさん残る

 

まとめ

今回は、子供のいい写真を撮るための5つのポイントを紹介しました。

紹介したコツを押さえつつ、たくさん写真を撮って腕を磨きつつ、かわいい我が子のかわいい姿をたくさん残しましょう^^

まーとん
まーとん

子供は気まぐれなので、思い通りに撮れなくてもイライラしちゃダメだよ!

妻・えり
妻・えり

…まーとん、撮りはじめの頃は結構イライラしてたと思うけど?笑

まーとん
まーとん

…写真は楽しく撮ろう!!

コメント